スポンサーリンク

子供に外出先で少しでもいいから静かにして欲しい・・・

おもちゃに遊び飽きて遊び相手としてせがませるけど家事がしたい・・・

子供優先で日々過ごしているけれどお母さんだって、

  • 自分のお買い物がしたい!
  • 友達とおしゃべりしたい!
  • 家事全部おわらせたい!

自分の時間が欲しい時がありますのよね。

そんなときについつい見せてしまいがちなYouTube。

最近は赤ちゃんから大人向けまでいろんな動画があるので楽しむのには十分なものですが、ついつい見すぎてしまいませんか?

お母さんのちょっとだけ!が子供にはもっと見たい!になっていると思います。

私もYouTubeにはお世話になっています。

特に子供が現在トイレトレーニング中なので、トイレでうんちができたらご褒美で見せるようにしています。

おかげ様で大成功でして出すときはちゃんと私に申告してくれるので、トイレに行ってうんちができるようになりました。

ただ見せるものは4分程度で終わったらちゃんと電源を切って、お母さんに返してねと伝えています。

でも何度か外出先で静かにしていてほしくてYouTubeを見せたら、とてもおもしろかったようで黙って見続けていた時期もありました。

便利な反面、見せ続けるとずっと見続けていますし健康面でも心配になってきます。

なかには子供に害のある動画もたくさんあり、子供はサムネイルから知らずに面白そうと思って押して見てしまう可能性も・・・

YouTube視聴制限する方法

子供は楽しいことに対して覚えるのも早いので、気がついたらYouTube見ていることもあると思います。

見過ぎ!と注意したところで子供は見るのをやめるわけがありません。

取り上げたところで泣いてわめいたり、怒り出したりと親にとっていいことがありません。

早く充電切れればいいのにと願いたくなるかもしれません。

特に私の甥、当時小学校低学年の子がそうでした。

まだ私が独身で実家暮らしの時に姉親子が泊まりにきたのですが、その甥は来たらすぐ私の母のタブレットを使ってYouTubeを見始めました。

終わりがいつなのかと聞きたいくらい寝る前までYouTube。朝起きてすぐYouTube。

そんな姿を見て私は全く良い印象は受けませんでした。唯一長時間見ない時が充電切れで充電中のときだけでした。

姉も育児から少しでも解放されたい、毎日じゃないからいいやと思って自由にさせていたと思います。

でも泊まりに来るたびにその姿を見ていた私は育児の大変さを、まだ知らないので見せすぎやりすぎと思っていました。

頼りたくなる気持ちを今は痛いほどよくわかります。

ついにうちの子も実家のタブレットをいつの間にか使いこなしていて教えてもいないのにいつ覚えたのか、親である私でさえわかりません。

とりあえず対策として高い子供の手の届かない場所に隠しています。

自分の家ではタブレットはなくスマホなのでロックをかけて、画面開かないように設定しています。

基本的に家ではYouTubeは、トイレトレーニング成功した時の4分動画だけと決めています。

その癖がついたのか外出先で子供に静かにしていてほしくて、その4分動画を見せたらその4分だけ見てスマホを返してくれました。

良いことですが親的には時間が短すぎましたが・・・

そう思うと約束事は大切なことだなと思いました。

ごはんができるまでの間や寝るまでの30分だけなど、時間を決めれば子供はちゃんと守ってくれるのだと思いました。

甥っ子のように制限がないまま見続けていたら習慣づけるまでが大変ですが、癖がついてしまえば親が思っているほど長時間見ないと思います。

スポンサーリンク

YouTube依存になっている子供の治療方法

しかし、すでに依存レベルになっていると約束どころではないですよね。

甥の例ですがトイレに行くと言ってなかなか戻ってこないと思ったら、別室でYouTube見ていました。

ここまでくると約束なんてあってないものですし、注意しても聞いてないです。

しかし今の甥はずっとYouTube見ているわけではなく、公園で友達と楽しく遊んでいる姿を見たことありますし、私の子供の相手もしてくれます。

これがすごく助かっています。

YouTube以外に楽しいことがあればもちろんそちらで遊ぶし、今は野球が楽しいみたいでキャッチボールしたりバットを振ったり、頑張って練習しています。

YouTube以外に楽しいことや夢中になれることがあれば、自然と見る回数は減っていくのだと甥っ子を通して改めて気づかされました。

YouTubeを完全に見なくなったわけではありません。だけど以前ほど見る時間は確実に減っています。

私は自分の子供がちゃんと4分の動画見終わってスマホ返してくれるときは、褒めます。

サムネイルの誘惑よりお母さんとのお約束守ってくれたことと、ちゃんと私の手にスマホを返してくれたことに「ありがとう」と言います。

褒めるって簡単だけど当たり前のことに対して言うのには忘れていたりします。

でも子供ってこの間は褒めてくれたのにと親より覚えています。

些細なことでも褒めることは子供も嬉しくて褒められたくて親の期待に、答えようと頑張って努力しようとしてくれるかもしれません。

依存が深刻な時に急にYouTubeを取り上げたところで良い結果なんてないので、突然我慢させるのではなく約束事をして少しずつ時間を減らすのが、お互いにひどくストレスを抱えずに依存から解放できるのではないでしょうか?

まとめ

YouTubeを子供に見せるべきではないとは私は思いません。

でも最近は害あるものも増えていて子供だけでは選別できないのも事実です。

親の目の届くところで一緒に楽しむことや、ひとりで見ているときは見続けないようにどこかで休憩促したり、YouTube以外に一緒に楽しめることしたりすることが大切です。

退屈だからYouTube見るだけなので、ほかに楽しいことがあればスマホやタブレットを手に持つことなんてないです。

YouTubeに頼り過ぎず、まず親が上手に使いこなせば、子供に依存させず楽しく利用できるツールだと思います。

スポンサーリンク
おすすめの記事