スポンサーリンク

共働きで家事をしないといけないのか疑問に思う奥さん。

奥さんの方も疲れているのに、ご主人は男社会として育っているため家に帰ると、奥さんの身体のことまで気にならないほどのところがあります。

だから、どうしても家事の用事は奥さんがしないといけない状態になるようです。

ご主人は、悪気はないようなのですが、身動きするのが面倒になって、つい奥さんが動いていることでいいことに、「あれやって」と用事をつけられます。

いやがったら、「チェッ」と、ケチみたいに言われます。

少しホコリがたまっていたりすれば、「ここ、掃除ができてない」と指摘。

ご主人が見つけたなら、いちいち用事を頼まなくても、ご主人がすればいいと思うのですが、そうはいかない。

やはり、ここは奥さんの仕事だとやらされます。立てつくような言い方をすれば、超不機嫌になります。

ただ、奥さんはためいきをついて生活する楽しみがありません。悪くすれば、ウツ病になる可能性が出てきます。

何か良き方法がないか、お役に立てる情報がないか調べてみました。

働いてるのに家事もしないといけないの?

なぜ、わたしも一緒に働いているのに、わたしだけ何もかも家事をもしないといけないの?と、つぶやくほど、ストレスがかなり溜まってきていますよね。

お子様がいらっしゃるのか、どうかわかりませんが、やはり、ご主人ときちんと話し合うべきだと思います。

家族を大切にしたいというご家庭なら協力を求めても良いと思います。ひどくなってから、なぜ、相談をしてくれなかったのかと文句を言われるだけです。

どこかヨイショしなければ、体調を壊して時に対応が大変です。

例えば、代行家事をされるところに依頼されるとか、食事は外食でしましてもらうとか、洗濯物は親か、お子様に手伝ってもらうとか、掃除はご主人になど、役割分担を作って、奥様の用事を減らしてみてはいかがでしょうか。

何もかも家事の用事を引き受けないで、何か用事を減らせる方法を考えていくことも大切な家事をやりくりする上で大切な作業だと思います。

スポンサーリンク

簡単に家事をこなす方法を教えて!!

最近では、ルンバを使ってみたり、洗濯は乾燥機までしたりして機械で頼れるものは使っていきましょう。

トイレや風呂は、使った後、すぐにササッと水洗いでしていくとか、散らかしやすい服の散乱は、かごを用意して分別していくようにしてみましょう。

玄関掃除は、玄関を通ったときに、ササッとほうきなどではいて、綺麗にしましょう。

玄関が綺麗にするだけで、片付いたところだと思う部分がありますから、玄関を綺麗にするという心がけは大事にすると良いでしょう。

まとめ

奥さんは、忙しいといろいろと気が焦ってしまいますが、しんどい思いをしていても、何の解決になりません。

忙しい部分を協力してもらうか、少し手を省ける方向を探すのが賢明だと思います。

家事を疎かにと捉えられがちになりますが、きちんとしんどいというアピールを伝えてあげましょう。

どうしても協力がないのであれば、奥さんの方は仕事を辞める方向にしても良いのではないでしょうか。

それで生活ができるかどうか、ご主人と話し合ってみてはいかがでしょうか。

どれだけ主婦の仕事が大変なのか、家事の用事を書いてみるのも一つの方法です。その中から、出来るものと、出来ないものが分かれます。

奥さんは、これだけしなければならないという分野から一つの意見で、そんなに用事をしなくても良いというところも出てくるかもしれません。

やはり、しっかりと家族会議をして話し合ってみるのが一番だと思います。

スポンサーリンク
おすすめの記事