スポンサーリンク

育児休暇を終えて職場復帰したママは、子育てと仕事ってどうやって両立させたら良いの?と悩むのではないでしょうか。

毎日やることが盛りだくさんでママ一人ではこなしきれず、自己嫌悪に陥ってしまう人も少なくありません。

でも、仕事はやりがいもあるし、収入があった方が子供に選択肢を増やしてあげられるし、なんとか乗り切っていきたいところですよね。

今回は、子育てと仕事を両立するためのコツをご紹介します。

子育てと仕事を両立させるための5つのコツ!

子育てと仕事の両方を完璧にこなすのは、無理です。完璧にこなそうとすればするほど疲れてしまいます。

そこで、子育てと仕事を両立させるためのコツを、5つにまとめてみました。

  • 自分なりに優先順位を決める
  • 周りの人に頼る
  • 働きやすい勤務形態にする
  • 子供とのコミュニケーションは量より質
  • 自分の時間を作る

この5つを心がければ、今より気分が楽になるのではないでしょうか。

優先順位を決めるというのは子育てでも仕事でも共通です。

まず、その日1日にやるべきことをリストアップして、優先順位の高いものから
こなしていきましょう。

朝食の準備は絶対しなければならないけれど、洗濯は数日分まとめてでも良いかもしれません。

また、旦那さんや両親など身近な人に上手に頼りましょう。仕事ができるママほど、一人で育児を抱えがちです。

周りからもデキる人、と思われているので「手伝おうか?」と声がかからないことと、大変でも自分でこなさなくてはという責任感があるからです。

育児は一人でするものあではありません。子供も、ママ一人のものではありません。

みんなで協力して育てることで
子供にとっても良い影響があるはずです。

育休から復職したママで
フルタイムという方は、子供が小さいうちは時短勤務を検討してみても良いかもしれません。

同じ時短勤務でも、朝遅く出勤するパターン夕方早く帰るパターンどちらがライフスタイルに合っているかの見極めも重要です。

職場の人とのコミュニケーションを密に取り、日頃から良い関係を築いておくことで、時短などの申し出もしやすくなります。

また、子供と接する時間では
やはり専業ママにはかないません。

でも、子供につきっきりでぐったりしたママより、やりがいのある仕事をこなすママの方が子供の目には魅力的に映るかもしれません。

子供とのコミュニケーションは、質より量です。

休日、一緒にいる時間にたくさん「大好きだよ!」「大切だよ!」というメッセージを伝えましょう。

5つ目の「自分の時間を作る」は家族の協力なくして実現しない項目です。

子育てと仕事ばかりの繰り返しでは、行き詰まるのが目に見えますね。

一人の時間をたまには作ってリフレッシュすることで、子育ても仕事もモチベーションを保つことができることを周囲にも理解してもらいましょう。

スポンサーリンク

無理せずこなす5つのポイント!

有能なママほど頑張ってしまいがちです。

前述の5つのポイントを無理せずこなすコツは

完璧を求めず、おおらかな気持ちで

これが大切です。
毎日の食事だって、手を抜いてOKです。

イライラしながら手作りするより、出来合いのものを活用した方が食卓の雰囲気は良いはずです。

手を抜いた料理の良いところは

「せっかく作ったのになんで食べないの!」

と怒らなくて済むことです。

冷凍食品や、お惣菜なら旦那さんだって食事の準備が出来かもしれません。

時間のあるときに作り置きをしておけば、平日は食事作りが時短できます。

部屋の掃除も、子供が困らない程度にすれば良いと思っています。毎日、全部の部屋を綺麗にするのは専業主婦でも無理です。

旦那さんが散らかった部屋が気になるというのであれば、そこに気がついた旦那さんが片付ければ良いのではないでしょうか。

買い物も、生協やネットスーパーを活用して、効率的に済ませましょう。

店頭に買いに行くより冷静に献立を考えられるので、食費の無駄遣いも防ぐことができます。

そして、子育てと仕事の両立のコツを実践するための最大のポイントは「健康」です。

無理して体を壊しては、元も子もありません。自分が無理をしないと回らないからと、頑張り続けるといつかツケが回ってきます。

子供も元気なママの方がいいはずです。
無理は禁物!を肝に銘じましょう。

まとめ

いかがでしたか?
子育てと仕事を両立すつコツについてまとめてみました。

言葉にすると簡単なようですが、実際には働くママにとって「無理しない」というのは想像以上に難しいことです。

だって、今まで無理することで仕事もこなしてきたし、その無理が評価につながることだってあったのですから…

でも、大切な子供がいる以上、
考え方をシフトしなければなりません。

上手に肩の力を抜いて
バタバタな毎日を乗り切っていきましょう!

スポンサーリンク
おすすめの記事