スポンサーリンク

日本では共働き夫婦の割合が過半数を超えたと言われています。結婚後も女性が働きやすい環境になり、女性も一定の収入を得ることが出来るようになったといえます。

離婚は今や3組に1組というほど増えています。女性が結婚後も働けるということは、離婚しても自立して生活できる環境ということです。

専業主婦が多かった時代は、夫の収入で生活しているため離婚すると生活できない、ということから離婚を諦める女性が多くいました。現在では女性も安定して収入を得ることができるようになったため、離婚も選択肢の一つとなるようです。

共働き夫婦の喧嘩の原因には「家事分担」があげられます。最近では離婚の原因にもなりうる大問題になっているようです。

共働きの家事分担は離婚の危機になることもあるの?

専業主婦が多かった「男が働いて、女が家庭を守る」という時代はそれでよかったかもれませんが、女性も仕事をバリバリするようになった現代では、喧嘩の原因にしかなりません(笑)

女性も同じように、人によっては男性以上に稼いでいるのに「家事は女性の仕事」と押し付けていては「離婚」の文字が浮かんでしまうことも・・・

男性と同じようにフルタイムで仕事をして、家に帰って家事もこなして、という毎日では女性は爆発してしまいます。さらに子供がいると育児も追加され大爆発です。

共働き夫婦の離婚原因には、女性の経済的自立、家事の負担、生活サイクルの違いによるすれ違いなどが挙げられます。女性の家事負担は離婚の原因になるんです。

スポンサーリンク

離婚につながらないようにするための対策とは?

離婚につながらないようにするには、喧嘩をする前に対策を立てるのがいいでしょう。

喧嘩を繰り返していると、喧嘩をすることにも疲れ、このまま変わらないだろうという思いから、最悪「離婚」という考えになってしまうからです。そして一度「離婚」と考えてしまうと、その考えをリセットするのが難しいからです。

共働きであれば条件は同じ(男の方が稼いでいる!と思う人もいると思いますが)と考えると、仕事に家事、育児をこなす女性の方が負担は大きくなってしまいます。

共働き夫婦にとってパートナーの協力は必要不可欠です。お互いを思いやる気持ちが大切です。

まとめ

共働きが増え生活スタイルが変わってきている現在では、女性(またはどちらか一方)が家事をするという生活スタイルでは負担が大きくなりすぎてしまいます。

誰でも一人で全てをこなすには限界があります。限界を過ぎる前に、パートナーと話し合いをしてはどうでしょうか。

スポンサーリンク
おすすめの記事