スポンサーリンク

働く女性が増えている現在では、共働きの家庭が増えています。どうやって家事と仕事を両立しているのか不思議に思っても「家事にどれくらい時間かけてるの?」とはなかなか聞けませんよね。

 そこで共働きの家庭では家事にどのくらい時間をかけているのか、自分の時間を持てているのか調べてみました。

共働きの人やこれから働きに出ようと考えている人は参考にしてみて下さいね。

共働きの皆さん!家事にかける時間は?

正社員やパートなど勤務形態や子供の有無によって違いはありますが、家事にかける時間はそれ程多くはありません。それでも女性の方が家事の負担は大きくなってしまうのは仕方のないことかもしれませんね。

男性の家事といえば「ゴミ出し」くらいでしたが、最近では料理や洗濯など家事のできる男性も増えているので、早く帰宅した方が料理を作る、休みの日は家事をするなど男性の家事分担も増えているようです。

それでも家事の分担は年代にもよるようで「家事は女性がする仕事」と考える男性もいるようです。

これからは男でも料理、洗濯、掃除くらい出来ないと結婚できないよ」と息子には言っていますが、見本となる主人が出来ない人なので説得力がありませんが(笑)

 共働きの場合は家事にかけられる時間が限られているため、効率よく家事をこなさなければなりません。平日家事にかけられる時間帯は出勤前の朝や帰宅後です。短時間の間に家事をこなすには、時短テクニックや便利な家電を使っている人も多いようです。

朝食の準備の時に夕食の材料も一緒にカットしたり、夜のうちに洗濯機のタイマーをセットして朝は干すだけにするとスムーズに家事をこなすことができます。また掃除ロボットや食洗器を活用すると家事の負担を減らすことができますね。

スポンサーリンク

自分の時間はあるの?

共働きの主婦が自分の時間を持つことは難しいですよね。子供がいるとなおさら自分の時間を持つことは難しくなります。だからといって毎日仕事や家事、育児に追われているとストレスが溜まってイライラなんてことに。主婦だって息抜きできる時間は必要なんです。

 自分の時間を作るポイントは時短テクニックと無理をし過ぎないこと。男性の場合は仕事という名目で家事を手伝ってくれない、やらないという人もいますが、女性の場合はそうはいきませんよね。同じように仕事をしていても家事はやらなければなりません。

だからといって一人で全部頑張る必要はないんです。一人で頑張って倒れちゃったら意味がありませんよね。

 

休みの日にまとめ買いをして作り置きおかずや野菜を切る、下茹でするなど下ごしらえをして保存しておくと料理の時間を短縮できます。

毎日の掃除はトイレに入った時やお風呂に入った時にサッと汚れを拭いたりブラシをかけておくだけでもキレイをキープできます。

洗濯は夜のうちにネットに分けて入れてタイマーをセットしておけば朝は干すだけで済みます。

また保温調理器を使えば朝火を通しておけば夕食には料理が出来上がっていますし、圧力鍋は料理の時短には必須アイテムですよ。

乾燥機付き洗濯機や食洗器、ロボット掃除機などを活用すれば家事の負担を減らすことができます。

自分の事は最後になってしまうため、自分の時間をもとうとすると夜中になってしまいますよね。

就寝時間が遅くなると朝疲れがとれないこともあります。そこで夜は早めにしっかりと睡眠をとり、朝1~2時間早く起きてみましょう。早朝なら邪魔されることなく自分の時間を楽しむことができますよ。

まとめ

働き方や生活スタイル、家事に対する考え方など人それぞれです。どちらか一方の負担が大きかったり、我慢を続けると不満やイライラが増えてしまいます。共働きの場合は家事を二人で分担することが長く続ける秘訣になります。時には息抜きができるように家事を分担することや家事の許容範囲を話し合うことも大切ですね。

スポンサーリンク
おすすめの記事