スポンサーリンク

仕事をしながら妊娠・出産をし、今は産休中。

毎日赤ちゃんのお世話に奮闘しているママたちの頭によぎるのは、仕事復帰したらどんな生活になるんだろう?

赤ちゃんはちゃんと育てられるの?という不安ではないでしょうか。

これから妊娠・出産を控えているという方も、仕事復帰後の生活について知っておきたいですよね。

妊娠・出産を機に退職してしまうと子供を育てながらの再就職は難しいものです。

仕事を続けたいのであれば、まずは育休制度を活用して、出産後に職場復帰を目指すのがおすすめです。

会社によっては育休が延長できるところもありますので、保育園に入園できなかった時のことも考えて妊娠中・育休中に会社の制度を調べおきましょう。

また、保育園に入園するための保活も忘れてはなりません。

早い方では妊娠中から保育園の見学を始めるようです。

住んでいる地域の保活の傾向は、市の担当の部署や児童館で会う先輩ママから情報が得られるはずです。

点数を稼ぐポイントや、入園に向けてのスケジュールをチェックして、しっかりと職場復帰に備えましょう。

共働きでも赤ちゃんのお世話はしっかりできるの?

共働きになると、平日に赤ちゃんと過ごすのは朝登園前までの時間と、夕方帰宅してから寝るまでの時間に限られます。

一緒に過ごす時間が少なくなるのは寂しいですし、赤ちゃんのお世話がしっかりできるのか不安になりますよね。

でも、ママが外で働くことのメリットはたくさんあります。

収入面での安心感ももちろんですが、ママが社会との繋がりを持ち続けられること仕事に出ることで育児に行き詰まって息苦しくなる可能性が減ること、赤ちゃんと一緒にいる時間を、より大切にできることなど、共働きで育てることは決してマイナスではありません。

実際に、6ヶ月から赤ちゃんを保育園に預けて職場復帰した友人は、家にずっといるより仕事があった方が毎日楽しいと言っていました。

もちろん、我が子と離れる寂しさはあるようですが、仕事があっても赤ちゃんが可愛くて大切なのは同じだし、赤ちゃんの成長もちゃんと見られるから後悔はないそうです。

保育園に通うことで、保育園の先生と我が子の成長を分かち合えるのも、プラスなのではないでしょうか。

小さいうちから保育園に預けるなんてかわいそう、という年配の方にも時々遭遇しますが、信頼できる保育園に預けられるのなら、共働きであることを後ろめたく思う必要はありません。

むしろ、ずっと家にこもって育児に疲れたママと、子供が毎日過ごす方が問題です。

復帰直後は体力的に大変なこともありますが、朝晩とお休みの日にはめいいっぱい我が子と触れ合って育児も仕事も前向きな気持ちで取り組みたいですね。

スポンサーリンク

1日はどんなスケジュール?

では、職場復帰をしたママ達は、1日をどんなスケジュールで過ごしているのでしょうか。

9時から15時半までの時短勤務で職場復帰した場合の1日のスケジュールはこんな感じです。

  1. 06:00起床
  2. 07:45保育園送迎
  3. 08:30出勤
  4. 15:30退勤
  5. 16:00帰宅、夕食準備、掃除
  6. 17:00保育園お迎え
  7. 18:00帰宅、夕食
  8. 19:00入浴
  9. 20:00寝かしつけ
  10. 21:00自由時間
  11. 00:00就寝

朝が早いようにも感じますが、子供って早起きですから育休中も早起きしていた、というママも多いのではないでしょうか。

子供が小さいうちはお休みの日でも10時まで寝てる、なんてありえませんもんね。

早めに起きておかないと、子供がぐずってタイムロスする可能性もありますし、思わぬタイミングでオムツ替えの必要が出てくるかもしれません。

起床後は朝食の用意と、自分と子供の身支度でバタバタなので洗濯は夜のうちにしておくママも多いようです。

旦那さんの出勤時間によっては朝の保育園送迎をパパに頼めるとちょっと負担が減ります。

朝の準備よりも退勤してから寝かしつけまでの流れが、大仕事と感じているママが多数でした。

食事の準備と保育園へのお迎え、遊びたい子供をなだめながらの夕食、子供は思うように食べてくれず、さらに眠気も手伝ってグズグズに...

大まかな1日のスケジュールは上記の通りですが、この通りにいかないこともしばしばです。

子供相手なので、仕方ないですね。

夕食から入浴の時間帯に旦那さんが帰宅できるのであれば、協力をお願いしましょう。

平日は、なかなかゆっくり子供と遊ぶ時間は取れませんが、食事をしながら、お風呂に入りながらでも親子のコミュニケーションの時間は取ることができます。

限られた時間だからこそ、思いっきり楽しめるのかもしれません。

時間は短くても、内容の濃い時間を過ごせれば理想的ですね。

そして、最大の難関の寝かしつけです。

これもパパにお願いできると本当に助かるのですが...

やはり仕事で疲れていると、寝落ちの確率が上がるようです。

朝起きて、片付いていない台所と、回してそのままになった洗濯機に愕然とするということもよくあるケースです。

育児全般に言えることですが、仕事に復帰してからは、特に完璧を求めすぎない事が大切です。

  • 手を抜けるところは手を抜く!
  • 頼れる人は頼る!
  • 健康第一!

この3つが、共働きでの育児を笑顔で乗り切るカギを握っています!

まとめ

いかがでしたか?
共働きで赤ちゃんを育てる生活のイメージは湧いてきたでしょうか。

保育園に慣れるまでは、朝離れる時に泣いてしまったり色々な病気をもらってきたりで、心身ともに落ち着かない日が続くかもしれません。

でも、共働きを選ぶことのメリットはたくさんありますので、頑張りすぎずに、子供の成長を楽しみに過ごせる毎日を送ってくださいね!

スポンサーリンク
おすすめの記事