スポンサーリンク

どうしても必要があって、共働きをされているかと思います。

それで、何が気に入らないのかわかりませんが、文句ばかりを言われるのは、奥さんの方で精神的に参ってしまいます。

一旦、奥さんの方で働くことを止めてみることを考慮することも必要になっているかと思います。

そこで、融通が利かない状態であれば、かなり独断的な考えをされているので、モンスターみたいな存在になっています。

ですから、不満を掲げている部分に理解しなければなりません。その上で模索をしていくことが賢明になります。

亭主関白な旦那にイライラ…解消法を教えて!

旦那が、仕事から帰ってきたら

  • 「飯は、まだかー」
  • 「お風呂 入れるか?」
  • 「支度が遅いなあ」
  • 「早くしろよ」

と、せかされます。

外でいろんなことがあって、何も言えずにいるので、うっぷんが残っているためか、イライラした対応になってしまいます。旦那は、奥さんが家の用事が出来て当たり前の感覚なので、すぐに対応しなければ、イライラしてきます。

それは、旦那が仕事で、いろんな圧力がかかっているためストレスとなっているのです。その受けたストレスのために煮えくり返ったお腹を抑えられないのです。いわゆる盲目のような状態です。

美味しい食事が不満の部分を解消できます。ほっとするひと時です。そのために、家に住んでいます。それを理解できれば、ご主人と仲の良い関係を築くことができると思います。

スポンサーリンク

亭主関白って変われるものなの?

亭主関白というものは、いわゆる男のわがままですよね。

主婦なら外で働かないで、台所などの用事をするのが当たり前にという感覚です。男は、一切台所などの用事をしないと決めています。

今だ、亭主関白という考えが少なくなっている世の中ですが、それでも日本人の在り方には男も女も家庭での分担は、基本的に男は亭主関白な存在を認めている部分があります。

でも、だからといって、お互いの生活を送るには、協力性がないと上手く楽しく過ごせないので、出来ない部分は話し合っていくことが大事になります。

まとめ

夫婦というのは、嫌いで一緒になったわけではないので、会話をしっかり交わしていれば、助け合いの心があるはずです。

共働きをしたのは、生活費を補うために行なっているので、文句ばかりを主張されるのであれば、共働きを一旦止める方向性で話し合うことも必要だと思います。

お互いに無理をして、ギクシャクするような生活を送っていたら、一緒に過ごしていても居心地が悪くなるだけで楽しく過ごせませんよね?

いずれ離婚か別居の方向になってしまいます。

それを望んで結婚をしたわけではないと思うので、嫌な部分があれば、どっちかを優先することで落ち着くと思います。

結局、奥さんが何かを諦めなければならなくなりますが、いろいろ知恵を絞って、工夫して、旦那の舵をとっていくと、安心した生活を見つけ出せます。

円満な生活を送りたい方に、お役に立てれば嬉しいです。

スポンサーリンク
おすすめの記事