スポンサーリンク

結婚や出産後も女性が働きやすい職場環境が増えているため、共働きの夫婦が増加しています。そんな共働き夫婦の間では、家事や育児の問題で喧嘩が増えた!という声を多く聞きますよね。

共働きでの家事や育児は想像以上に大変です。大丈夫と思っていても、忙しさのあまり状況の変化についていけず、ずるずると不満を募らせることになるかも知れません。

共働きの家事や育児問題は離婚の原因にもなる深刻な問題です。そうならないためにも、喧嘩の原因や解決策を考えてみましょう。

子育てや家事のことで…どうして喧嘩になるの?

共働きが増えたといっても「家事や育児は女性の仕事」という昔ながらの考えも多く残っています。イクメンという人はほんの一握り、ちょっと家事を手伝ったくらいでイクメンと勘違いする男性もいるようです(笑)

子育てや家事で喧嘩になる原因としては、どちらか一方の負担が大きく不満が爆発してしまうのが大きな原因です。

家事や育児に対して自分の負担が大きく、自分ばかりという気持ちから相手に当たってしまいます。さらに仕事と家事、育児で毎日忙しく夫婦の時間もとれない、コミュニケーション不足からすれ違い喧嘩へと発展することもあります。

スポンサーリンク

解決策やポイントを教えて!

家事分担は臨機応変な対応で

家事分担は喧嘩の原因第1位といってもいいかも知れません(笑)

家事分担をきっちりと決めてしまうと、出来なかった時に「あなたの分担でしょ」と喧嘩になってしまいます。

その日、その時の状況に合わせて「できる人ができることをする」という家事分担がおすすめです。早く帰ってこれる人が子供を迎えに行き、料理の得意な人が作って、作らない人が食器を洗うなど、お互いに無理しない家事分担が長続きする秘訣です。

相手に完璧を求めない

家事ができる人からみると自分と違うやり方をされるとイライラすることもあります。

それでも「やってくれるだけ助かる」という気持ちが家事分担には必要です。

せっかくやっても

  • 「やり方が違う」
  • 「そうじゃない」
  • 「きちんと出来ていない」

などと言われてしまってはやる気も無くなります。家事分担は家事を完璧にすることが目的ではありません。

状況が変わったら不満を溜めずに話し合いを

家事分担をしたからといっても仕事や子供の成長で状況は変わっていきます。

それによってどちらか一方の負担が大きくなってしまっては家事分担の意味がありません。

負担の大きくなった方が不満を募らせて爆発するだけです。不満を溜める前に家事分担の見直しや話し合いをすることで喧嘩を防ぐことができます。

まとめ

共働き夫婦の場合、2人とも仕事や家事、育児で疲れてしまうと些細なことでもイライラして喧嘩に発展してしまいます。

お互いに無理をせずフォローしあいながら、上手くコミュニケーションをとっていけると喧嘩も少なくなりますよ。

スポンサーリンク
おすすめの記事