スポンサーリンク

共働きの場合、子供の有無にかかわらず家事分担をしている家庭は多いのではないでしょうか。

そうはいってもまだまだ家事は主婦の仕事と考える男性も多いので、女性の方が家事負担が大きい、または家事をしてくれないという家庭もあります。

家事分担をしてくれないのであれば、子供がいなくても旦那さんの世話をしなければならないため女性の負担は大きくなります。

1人も2人も変わらないでしょ、と思うかも知れませんが、やはり栄養バランスを考えた食事や部屋をキレイにしなければなど、自分1人とは気持ち的に違いがあります。大人同士が生活するのですから、どちらかに負担が偏っていては長くは続きませんよ。

共働きで子供はいないけど、家事分担してもいいの?

子供がいない共働き夫婦の場合、家事は女性の仕事と考える男性は多いかも知れませんね。子供の世話が無いといっても、旦那さんが何もしないのであれば同じことです。

自分1人であれば昨日の残り物でお昼をすませることもできますが、2人分の食事やお弁当を作らなければなりません。

新婚の頃は仕事も家事も頑張って一人でやるのを楽しんでいるかも知れません。

そんな生活が続くと、旦那さんも奥さんが家事をするのが当たり前と感じてしまいます。奥さんはだんだんと自分1人で仕事も家事もやることに体も心も疲れてしまいます。

小さな不満が募るうちに大きなストレスとなり、爆発する時がやってくるんです(笑)

共働きであれば子供の有無に関係なく、どちらかが全てを負担するというのは大変です。勤務時間や家事のスキルにもよりますが、それぞれの夫婦に合った家事分担を話し合うことが必要になります。

スポンサーリンク

家事分担することでお互いの不満から喧嘩になる?

夫婦喧嘩の原因として上位にあげられるのが家事分担です。

喧嘩から離婚にまで発展することもあるようですから、最初にきちんと話し合うことも大切ですね。

家事といっても人によっては基準が違います。「洗濯」といってもどこまでを「洗濯」とするのか違うんです。洗濯とは「洗う→干す→終了」ではありませんよ(笑)

洗濯物を仕分ける→洗う→干す→たたむ→しまう」ここまでやって終了となるわけです。それを洗って干したから終わったよ、と言われると「え?」と思うのが女性です。そしてイライラが募っていくんです。

また洗濯物のたたみ方や掃除の仕方など、相手のやり方が自分と違うことにイライラすることもあります。

小さなイライラが毎日積み重なって大きな喧嘩になってしまうんです。イライラは小さいうちにきちんと解消することが大切ですね。爆発すると大変ですよ。

まとめ

共働きの場合は、子供がいなくても家事分担をしたほうがいいのではないでしょうか。どちらかに大きく負担がかかっていると長続きしませんよ(笑)

きちんと話し合うことは大切ですが、お互いが相手を思いやる気持ちをもてば、イライラや喧嘩も少なくなるかも知れませんよ。

スポンサーリンク
おすすめの記事