スポンサーリンク

結婚、出産後も女性が働きやすい環境が整ってきていることもあり、共働き夫婦は年々増えています。共働きの夫婦は家事をどうしているのか?気になりますよね。

共働きであっても専業主婦と同じように家事は主婦が担当、旦那さんには何もやって貰わないという家庭もあります。またお互い働いているのだから家事は分担しておこなっている、という家庭も増えてきています。

さらに気になるのが、ネットでも話題となっている家事分担からの夫婦喧嘩は、これから結婚を控えているカップルは気になりますよね(笑)

結婚しても子供ができるまでは仕事を続けたい、または出産後も仕事を続けたいと考えている結婚前のカップルは、結婚後の家事についてトラブルになる前に話し合っておくといいですよ。

共働きで家事を分担すると喧嘩になる?

結論として、家事分担は喧嘩の原因になります(笑)
家事を分担するから喧嘩になるというより、家事は夫婦喧嘩の原因となります。
では「家事分担をしなければ喧嘩にならないのか」というとそうではなく、家事は夫婦喧嘩の原因となりやすいんです。

毎日の生活と家事は切り離すことが出来ないのでしかたがありませんね。

共働きの主婦が家事も仕事も1人でこなすのは大変です。家事は主婦の仕事だからと「仕事も家事も1人でやります!」と頑張っている人もいます。

最初は頑張っていてもだんだんと疲れが溜まってしまいます。ストレスが溜まり、些細なことでイライラしていては家庭内の雰囲気も悪くなってしまいます。また頑張り過ぎて倒れてしまうかもしれません。

そうならないためにも、お互いが生活しやすいような家事分担を見つけることが必要です。

スポンサーリンク

喧嘩にならないようにするにはどうすればいいの?

家事を分担したからといって、必ず喧嘩になるわけではありません。それぞれの生活パターンに合った分担方法を見つけることで、ストレスを溜めずに家事分担をすることができますよ。

家事分担の基本は無理をしないことです。「できる人ができることをやる」というように、その時によって臨機応変に対応できるのがいいですね。

「料理と洗濯は私、掃除はあなた」というようにきっちり分けてしまうと、分担したのにやっていない!と喧嘩になってしまいます。

早く帰った人が料理を作る、作らなかった人が食器を洗う、出来なかった時は2人で一緒になど、それぞれの生活スタイルに合った家事分担を話し合ってはどうでしょうか。

まとめ

生活に欠かせない家事は1人で負担するよりも2人で分担した方が早くできますし、負担も少なくなります。

  • 私の方が家事をしている
  • 俺の方が負担が大きい

と喧嘩をするよりも、相手がやってくれる事に感謝し、相手を思いやる気持ちがあれば喧嘩にならないかもしれません。

スポンサーリンク
おすすめの記事