スポンサーリンク

毎日数時間おきに必ずする授乳。赤ちゃんとスキンシップがとれる幸せな時間ですが、

  • きちんと飲めているかな?
  • きちんとゲップは出たかしら
  • 吐き戻しは大丈夫かな?

と気を使いますよね。

今回はゲップの出し方と抱き方についてお話ししたいと思います。

授乳は楽な姿勢で!!赤ちゃんもママもリラックス!!

ママは一日に何度も授乳するので、ママも赤ちゃんも楽でリラックスできる姿勢で授乳することが大切ですね。

楽に授乳できるポイントをいくつか挙げてみましょう。

クッションを使う

授乳クッションもたくさん売られていてとても使いやすくて便利ですが、もちろん普通のクッションや枕でもOKです。

赤ちゃんの姿勢が安定するので支えるのが楽になりますし、母乳の場合は赤ちゃんを抱く位置が高くなればその分ママの姿勢も楽になります。

赤ちゃんが大きくなるにつれてクッションがなくても簡単に授乳できるようになりますが、私は娘が新生児の頃はクッションは必需品でした。

赤ちゃんの向きを確認

赤ちゃんの顔と体の向きが同じになるようにしてあげましょう。

体や首がねじれてしまうと赤ちゃんがきついのはもちろんですが、ママの体制もおかしくなって2人できつい体勢になってしまします。

色々な抱き方を試してみる

授乳の時の抱き方にも色々あります。赤ちゃんも飲みやすくママもリラックスできる抱き方を見つけてみてください。赤ちゃんがいい姿勢で上手に飲めれば飲み込んでしまう空気の量も減るので、ゲップも出しやすくなりますし吐き戻しも減ります。

以下のサイトで紹介されている抱き方を参考にしてみてはいかがでしょうか。

ちなみに私は母乳だったのですが、大きい背もたれがある座椅子に座って横抱きが定番の姿勢でした。

娘が少し大きくなって吐き戻しもなくなってきた時期からは夜だけ添い乳であげていました。

スポンサーリンク

授乳の後はゲップをさせて!スムーズに出すコツ!

赤ちゃんがミルクと一緒に空気も飲み込んでしまっていることがあるので、授乳のあとはゲップをさせてあげましょう。

とはいってもこちらも毎日何度もすることなので、なかなかゲップが出なかったり夜中でママも眠いときは結構大変。

ということでスムーズにゲップを出すコツをご紹介します!

縦抱きで背中をトントン

一番基本のやり方ですね。赤ちゃんを縦抱きにして背中を優しくトントンと叩いてあげましょう。

なかなかゲップが出ないからと言って強く叩きすぎないように注意です。強く叩いたからと言ってゲップが出やすくなるわけではありません。優しくトントンで大丈夫です。

私はゲップをさせるのが下手で、入院中に助産師さんにアドバイスをいただいたのですが、赤ちゃんの顎が自分の肩に乗るように高めの位置で縦抱きしてあげると赤ちゃんがほんの少し前傾姿勢になってゲップが出やすくなるそうです。

実際私はずっとこのやり方でゲップをさせていました。

赤ちゃんの口と鼻が自分の肩でふさがっていないかきちんと確認してあげてください。

さすってあげる

トントンしてあげてもゲップが出ない場合は上下にさすってあげてみるといいと思います。

大人も気持ち悪いときなどに背中をさすってもらうと楽になることってありますよね。

トントンするよりさすったほうがゲップが出やすいという赤ちゃんも多いようです。

出ない場合は無理しなくてOK!

こちらも入院中に助産師さんに教えていただいたのですが、赤ちゃんが上手く飲めていれば空気も入っていないので、ゲップが出ない場合は無理に出そうとしなくても大丈夫だそうです。

私は少し神経質で、マニュアル通りに出来ないと不安になってしまうのでゲップを出そう出そうと必死になっていたら助産師さんがそう言ってくださいました。

何度か試してもゲップが出なかったら、赤ちゃんが苦しそうでなければ無理に出さなくても大丈夫。

体勢が変わった拍子に出ることもあるので、心配な場合は抱っこしたまま様子を見てあげるといいと思います。

寝かせる場合は後からゲフッと出てしまった時のために顔を横向きにして寝かせてあげましょう。

この時背中にタオルなどを入れて体も少し横向きにしてあげるといいそうですが、寝返りができない赤ちゃんは動いた拍子にうつ伏せになってしまうと危険なので必ず目を離さず見ていてあげてください。

コツを掴んで素敵なスキンシップを!

授乳は赤ちゃんにとってもママにとっても幸せで大切なスキンシップの時間。

ママにとっては唯一心が休まる時間でもありますよね。

出来る限り負担を減らして、素敵な授乳タイムを過ごせますように!

スポンサーリンク
おすすめの記事