スポンサーリンク

小学校の夏休みがやってきました。楽しい夏休み、みんな楽しみにしていますよね!

さて、両親も夏休みをもらいたいところですが、仕事の職種によってはお休みが少なかったり、または全く無かったりします。

そんな時には、

  • 子どもたちはみんなどうしているのでしょう?
  • 誰かに預けているの?学校の学童保育を利用しているの?
  • 子供だけでお留守番させているの?

今回はそんな疑問を解決していきましょう。

小学生だけで留守番ってあり?なし?

夏休みはみんなどうしているの?

小学生の夏休みは家で留守番しているのでしょうか。それとも学童に行かせているのでしょうか。

小学生で留守番は危険も伴います。危険や心配を防ぐためにも、事前準備で慣らしていきましょう。

留守番の時間は少しずつ増やしていきます。子供との約束事もきちんと作って伝えていきましょう。留守番を狙う犯罪も多くなってきています。

昔は留守番といえば、電話に出て「お父さんお母さんは、今いません」と、留守を伝えていました。

荷物の受け取りや玄関で対応もしている子もいましたよね。外で友達と遊んでいたり、お出かけをしたり。

しかし、今は留守番の間に家に忍び込む大人がいます。子供だけしかいない場合も、狙われているのです。

なので、きちんと

  • 玄関のチャイムや電話が鳴っても無視をする。
  • 外には勝手に行かない

は、守っておきましょう。

その他には、火の取り扱いをしないこと熱射病予防にクーラーをつけることも必要になってきています。

長時間の場合、お昼ご飯にお弁当を準備しておくなどの配慮もしないといけません。

しかし、こう考えると仕事もままならず、考えてしまいます。心配せずに行くためにも、いろんな方法を知っておきましょう。

スポンサーリンク

学童派と留守番派!それぞれの事情も考慮して選ぼう!

まず、低学年の留守番については、なるべく学童を利用しましょう。

学校で行っているもの、地域で行っているものがありますが金額が安くて済むものがあります。

低学年は不安が大きく危険なことをする確率が高いから、と言うのが理由にあげられます。

高学年になると約束事も危険も分かってくるので、きちんと伝えれば留守番も出来るようになります。

他には、

  • 祖父母に預ける。
  • ママ友や友人に預ける。
  • 習い事をさせる。

などがあります。

午前中には宿題をして、終わってからゲーム・テレビをする。一日のスケジュールを組んでみると、だいたいこんな感じの生活が多いのではないでしょうか。

一日の流れを把握しておく。

子供の毎日の流れを組んでおくか、把握をしておきましょう。

朝起きたらこれをする、勉強の時間はこの時間など夏休み前からお休みの日には練習しておくのもいいかもしれません。

あとは、困った時の対処法を身につけておきましょう。

いない時に困ったことや、地震があった時どうするかも話し合っておかなくてはなりません。

普段の会話で伝えておいたり、実践してみるのもいいですね。困った時の電話の方法やメールの連絡なども、教えておきましょうね。

子どもたちが安心して留守番出来るように、そしてお母さんも安心してお仕事が出来るようにしていきましょう!

スポンサーリンク
おすすめの記事