スポンサーリンク

掃除の頻度はどれぐらいなのか知りたい共働きしている奥さん。

共働きしている人には、お子様がおられる人といない人がおられます。

それによって、掃除の在り方が変わってきます。お子様がおられる人には、お子様に手伝わせる方向になります。

お子様がいない人には、頼れる人がいませんから、プロに任せたりされます。

いずれにしても、奥さんの掃除をするテンションがアップさせて、朝からフル活動をされています。

あまり掃除ができてない… 掃除の頻度ってどれぐらい?

わざわざ掃除のために時間を割くことを考えてされていないようです。

  • 気づいたら掃除をさっとしていく。
  • ついでに、さっと掃除をしていく。

そんな形で、効率よく動いています。

お子様がおられるところであれば、協力してもらうことで、子供も家族を助けていく優しさも生まれます。

その方がお子様も家の用事が出来る人に育っていきます。掃除が出来ないなら、プロの人に費用がかかってきます。

その分、お小遣いが減ってしまったら大変ですよね。それでも、どうにもできない状態なら、プロの人に任せるのが、一番の方法です。

スポンサーリンク

簡単、綺麗に掃除できる方法はあるの?

ある人は、朝起きると、まずモップを持って、床の部分を走っていくようです。

トイレ掃除は、トイレに行ったときに、ささっと掃除をしていく。

お風呂の掃除は、お風呂が終わった後、すぐに栓を抜いて、お湯が抜けるまで、浴槽以外の部分を掃除していく。浴槽以外の部分を掃除している間に、浴槽が空っぽになります。

出勤前なら楽な掃除で行なって、休みの日には、ちょっと丁寧掃除をしていく。

リズムに乗っていたら、簡単で綺麗に片づけてしまいます。

いつも片付かないとなるのは、家族の協力が足りていないことが多いのです。

  • それは、使ったら元の位置に戻す。
  • ゴミを出したら、所定のゴミ箱へ。
  • 脱いだら、ハンガーにかけるか、洗濯機に入れる。
  • 自分の服は、自分で片づけて、明日の用意に備える。
  • 買ったら、そのままにしないで、所定の場所を入れていく。

こんな当たり前の生活が、なかなか行動してくれないので、積もり積もって山ほどのゴミのように片付かない部屋になります。

まとめ

自分の身の周りのことを何でも母親か、女にさせるという考えは、ナンセンスです。

せめて、自分のことは、自分で出来るようにしていく行動は大事です。

スポンサーリンク
おすすめの記事