スポンサーリンク

専業主婦になって独身の友達と会っても、以前のように話がはずまないってことありますよね。独身の時にあんなに盛り上がっていたのに、なぜかつまらない。仲良しだっただけに寂しいし残念。

いったいどうしてそうなってしまうのでしょうか。

独身時代は仲良しだったのに…専業主婦になると合わなくなるのはなぜ?

女性の場合、男性と比べて生き方が多様化していますよね。昔は結婚して家に入り専業主婦が当然のことでした。

男性は、独身か結婚しているかのほぼどちらか。女性の場合、結婚しているか独身か、結婚していて働いているか。働き方もパートかフルタイムか正社員かなど、あらゆるパターンがあります。

そのすべてにおいて生活リズムも価値観も少しずつ違っているわけです。

専業主婦と独身の働く女性は一番遠いところにいるといっても過言ではありません。まったく違う世界に住んでいる人と共通の価値観と話題で盛り上がるのは無理な話なのです。

スポンサーリンク

専業主婦と独身の女友達では価値観が違う!原因はこれ?

価値観の違いというと、やはりお金に関してが真っ先にあげられることになるでしょう。

自分で稼いだお金はすべて自分のものというのが独身。結婚しているとまずありえない。結婚していても子供がいるいないでは雲泥の差がありますから、独身となるともう違う次元の話ですね。

専業主婦同士でもすごくお金もちの奥様との価値観となるとまったく違いますから、なかなか話も合いづらい。本人にとっては普通の話が、聞く方にとっては嫌味に聞こえたりする。

どんな生活のパターンがあっても結局はすべての事柄において経済的なことが基本になっています。ある程度同じレベルの生活で、同じ価値観を持っていないと合わなくてあたりまえってことですね。

また、独身と主婦では立場がまったく違うので、物事をみる目線が違うのです。子供がいれば母親の立場でもある。でも独身は子供の立場のままということもあります。

独立していても立場は変わらない。親や兄弟に対する目線がまったく違ってくるというのもありますね。

「そんな見方もあるんだあ」と思っても、実感することはお互いできないのです。

まとめ

性格は変わらなくても、生き方の違いで合わなくなってくるのは仕方ないことです。自由という言葉1つとっても、「いつでも出かけられる自由」と「家にいられる自由」てことになったり。

専業主婦と独身の働く友達どうしは、「へえー、そういう世界もあるんだあ」という気持ちを基本として付き合った方がいいですね。「そうそう!わかるわかる!」は同じ世界に住む人とで。

スポンサーリンク
おすすめの記事