スポンサーリンク

同じママ友仲間なのに、自分だけ誘われないっていうのはショックですし傷つきますよね。

まだまだ子育ては始まったばかりだというのに、これからの付き合いに影響しないだろうかなど考えてしまいます。

理由は何?どう対処したらいい?心配なこといろいろ考えてみましょう。

自分だけ誘われない…理由は何??

ママ友の付き合いがどういう輪なのかということにもよると思いますが、誘われない理由はいろいろ思いつきますね。

ママどうしの気が合わないのか、あるいは子供どうしの気が合わなくていっしょに遊ばせたくないのか。

未就園児のママ友は、子育てに関してもそれぞれの考えや家庭環境などの違いがモロに表に出るモノです。

幼稚園や学校などのように共通の環境や先生など指導者や間に入る人たちもいない。そんな中での友人関係は思いのほかむずかしいもの。

子供たちも言い聞かせるということができない年齢ですから、子供どうしの遊びにしても、ちょっとした行動が気に入らない子にもなりやすい。

子供が関わっているママ友なのに、すべてはママの意思で成り立っているのが現実です。

誘ってもらえない理由も、ママたちの間に何かしらあるのでしょうが、何にしても他人には理解できないことも多いように思います。

スポンサーリンク

気にしない!会えば挨拶だけはしっかりと!!

未就園児のママ友がそれほど必要なのかというと、疑問に思うのが本当のところです。

長い子育ての間の未就園児の時期はほんの一瞬のこと。保育園、幼稚園、小学校と子供たちもママたちも環境がめまぐるしく変わっていきます。さまざまな友達関係や出来事が待ち受けているのです。

ほんの一瞬の期間のママ友がどうしても必要でしょうか。子供たちにも必要でしょうか。

どうしても寂しいなら、さりげなく聞いてみるのもいいですが、嫌な思いをしそうな場合なら放っておいてもいいのではないでしょうか。未就園児のママ友と一生付き合っている人などほとんどいません。

誘ってもらえなくても、気にしないのが一番です。ただ、同じエリアに住んでいる人たちが多い場合が通常なので、同じ幼稚園、同じ学校など、近所つきあいが悪くならないように、顔を合わせたら挨拶だけはするようにしましょう。

誘ってくれないからと、知らん顔をするのは小さな子供のすることですね。

まとめ

ママ友の付き合いは「いたら楽しいけど、別にいなくてもいい」というレベルの付き合いで乗り切るのが一番です。

あっという間に子供は大きくなって、回りの人も環境も変化し「そういえばあんな人もいたなあ」というレベルになるものですから。

スポンサーリンク
おすすめの記事