スポンサーリンク

突然ですが、みなさん兄弟げんかをしたことがありますか!?

最近は一人っ子の家庭も増え、兄弟げんか自体も出来ない家庭が増えています。

その中で兄弟げんかが出来る環境というのはもしかして恵まれているのかもしれませんよ。

・・・ってなにのんきなこと言ってるの!?我が家なんて毎日兄弟げんかで親が疲れ果ててるわよなんて声が聞こえてきそうです。

というわが屋の長男(4歳)と次男(2歳)の喧嘩も1時間に2回くらいありますわ・・・

そのたびに「何やってんのー!?」「いい加減にしなさーい!!」と母の怒号が鳴り響きます。同じ家庭の方いますか!?いてほしい!!思いを共有したい!

兄弟げんかって結構激しいんですよね。お互い遠慮を知らない、本能で喧嘩おっ始めちゃうからね・・・

そんで、その原因って、もうほんとこっちにしたらどーでもいいの!()

しょうもないことで時間と体力奪われちゃいますよ・・・

兄弟げんかトップ5と番外編

5位から発表いたします。

 5位 おこずかいの差

お金は大事ですから!年齢、学年が違うとどうしてもお小遣いの差が生まれてしまうのは当然のことですよね。

 4位 ゲーム

テレビゲームなどの取り合いや、勝ち負けで喧嘩になりますよね。

 3位 おもちゃの取り合い

我が家はまだ子供が小さいので、これが1番多いですね。なんでか相手が持っているものを必ず欲しがるんですよ。同じものを2つ買うのももったいないし・・・

順番とか交代も兄弟だとうまく出来ない(しない)から困ったもんです。

 2位 食べ物

下の子は上の子の食べ物結構見ていませんか?そして自分の皿と相手の皿と見比べてる・・・

2歳の次男もいっちょまえに同じものにしないと怒りますからね。

 1位 テレビ

チャンネルの主導権争いですね。

これは兄弟がいる方なら必ず起こるのでは!?と思います。テレビは割と身近なものですからね。

 異常がトップ5なのですが、みなさんのご家庭ではどうですか?兄弟げんかあるあるトップ5になったでしょうか()

 その他の兄弟げんかの原因も調べてみたら結構面白かったのでご紹介いたします。

 服のおさがり

同性の兄弟でも異性の兄弟でも使えるものもありますもんね。でもやっぱり新しい服がいい!!ですよね~。

 電話の取り合い

思春期になればありそうですが、今の子は小学生からスマホ持ってるからなぁ~。

スポンサーリンク

兄弟げんかのときの適切な親の対応

 兄弟っていうのは「自分が1番」ということを示したいと思われます。

親からの愛情、視線を向けたい、独り占めしたいという思いもあるようです。

 親としては比べているつもりはないし平等に愛情を注いでいると思っていたけど、それだけじゃ満足できないこともあるようです。

対応としては、個々で褒める時間を作る、存在を認めることが大切だと思われます。

 兄弟げんかのときは、まずは様子を見て、危険があれば間に入ることも必要です。

そのときに下の子をかばいがちになりませんか?しかし、それでは上の子の立場はないですよね。

物事の良しあしを親が決め過ぎず、考えさせる時間を設けてあげると兄弟げんかの中でも他社の気持を理解するいい経験になります。

また、あまりに激しい喧嘩や、収拾がつきにくいなと感じた時は、少し気分転換する言葉や環境を与えてあげることもいいでしょう。

例えば

「喧嘩してるところ写真にとるよー!はいチーズ!」
「そろそろおやつの時間にしようか!」

などなど。拍子抜けする言葉がけも時には必要かもしれません。

 最後に 

始めにも書きましたが、喧嘩が出来る兄弟がいるって素晴らしいことなんですよ。

喧嘩するほどなんちゃらって言いますしね。

きっと大人になって兄弟のすばらしさに気付くことが出来るんでしょうね。

同じ兄弟でも性格が全然違うから、ぶつかることもあります。

ぶつかりあえる環境にも感謝したいですね。

スポンサーリンク
おすすめの記事