スポンサーリンク

子持ちの友達と出かけると楽しくない…と思ってしまう独身OL

友達も嫌いじゃないし、その子供もかわいいと思う。それなのにやっぱりめんどくさい。これってどうして?しょうがないの?

子持ちの友達と独身は本当に分かり合えないのでしょうか。

子持ち友達と出かけるとめんどくさいことばかり…どうしてこうなるの?

子持ち友達と出かけると、会話や行動がすべて子供中心になりますね。興味や悩みの対象がまったく今までと違ってしまうのですから仕方のないことです。

子持ちと独身ではまったく立場が違うものになります。子供が生まれたとたん、当然のことですが母の立場になります。

独身であると、たとえ独立していても立場は子供のまま。子持ちと独身の関係は母と子供の関係といってもいいくらいの開きがあるように思います。

もしかしたら、子持ちの友達にとっては独身の友達よりもそのお母さんとの方が話が合うかもしれません。

子持ちの友達と出かけると、子連れである場合もありますね。独身にとってものめずらしいのは最初だけ。

「かわいい」とは言葉でいっても、正直お世辞半分ですよね。やんちゃな子であればその半分のお世辞も言いたくないくらいになります。

友達との会話も落ち着いてできません。いったい何のために今ここにいるのかってことにもなりかねませんよね。

スポンサーリンク

子持ち友達がめんどくさいのは子供のせい!?話題も子供ばかりに!

子持ちの友達が生きている世界は、独身にはまったくわからない世界ですね。

子持ちになると、子育てのこと、ママ友との付き合い、受験のこと…数えきれないほどの出来事や悩みで取り囲まれて生きることになります。

そのどれ1つとっても、独身からすると共鳴してあげることはできないのです。子持ちの友達からしても、もはや独身の頃の悩みは過ぎ去った過去のこと。

まったく違う世界の話を、お互い聞きあうという状況で会話しないと仕方ありません。会話というよりは「へえー」と言う感じで聞いてあげることになるので実際疲れてしまうのです。

今現実に自分をとりまいている環境を「ああ、それ、わかる!」とお互いもう言えない立場にいるということになりますから。

まとめ

一時的に距離をおいて、またいつか共通の世界を持つことが出来た時、めんどくさい状態から抜け出せることがあるかもしれませんね。

また、いっしょに習い事をするとか、共通の趣味を持つとかして、話題が子供のことから離れるようになれば会話も楽しくなると思いますよ。

スポンサーリンク
おすすめの記事