スポンサーリンク

家事に終わりはありませんよね。毎日完璧にこなそうとすると、出来なかったことがストレスになってイライラ・・・。

完璧にやらなくちゃ!と頑張り過ぎと逆効果になりますよ。何でも完璧にやるのは大変なことですよね。それを継続するのはもっと大変!

心と体が疲れてしまう前に、手抜き家事でゆとりの時間を持ちましょう!

家事をしっかりやっているように見える手抜き方法とは?

 

どんなに疲れていても、毎日やらなければならなりことは決まっていますよね。でもちょっとした工夫で、手抜きに見えずに家事の負担を減らすことが出来るんです♪

冷凍保存や作り置きを活用しよう!

毎日作るご飯も、空いた時間にちょっと手をかけるだけでグッと時短になるんですよ。

肉や魚は下味を付けて使いやすい量に小分けして冷凍保存!漬け込む時間もかからず、肉は柔らかくなるんです。

野菜類はサッと下茹でをして冷凍保存しておけば、火の通りも早く、鍋に加えるだけという手軽さです。

夕食のおかずを多めに作って翌日にちょっとアレンジすれば一品増やすことができます。ちょっと時間に余裕がある時には、作り置きおかずを2~3品作っておくと便利です。メインを作り置きすれば副菜を足すだけで完成しちゃいますよ。

掃除はついでにすませよう!

毎日隅から隅まで完璧に掃除をしようとすると、労力と時間がかかりますよね。手の込んだ掃除は週1回でも「ついで掃除」で綺麗をキープできますよ。

トイレに入ったついでにブラシをかけて、おそうじシートで便器や床をサッとひと拭きすれば後は流すだけで完了です。

お風呂に入ったついでに、水アカや石けんカスを取り除きましょう。汚れが緩んでいる暖かいうちは、スポンジだけでも汚れが落ちやすくなっていますよ。

特に水回りは時間がたつと水アカがこびりついて汚れを落とすのが大変ですよね。新聞紙や古くなったタオルなどを小さくカットしてセットしておくと、気が付いた時にサッと拭いて捨てることができますよ。

スポンサーリンク

家事を手抜きをすることは悪いこと?

 

家事の手抜きとはどこまでが「手抜き」なんでしょう。

完璧に家事をこなしている人からすると、おかずが一品少なくても手抜きと感じてしまうかもしれませんよね。

掃除や洗濯、育児に追われてクタクタになっているママよりも、元気でゆとりのあるママのほうがよくありませんか?

たとえ30分でも(できればもっと欲しいですが・・・)ホッと一息つける時間があると、ママにもゆとりができて、また頑張ろう!と思えるんです。

そんな時間を作るための「手抜き」は「家事の効率化」なんです(笑)

まとめ

 頑張るママほど「手抜きは悪いこと」と感じてしまうかもしれません。でもイライラした毎日を過ごすよりは、ちょっとの手抜きで楽になるほうがずっとよくありませんか?

毎日頑張っているママを助けてくれるのが「手抜き家事」なんです。

スポンサーリンク
おすすめの記事