スポンサーリンク

家事分担問題がネットでも話題となっています。

専業主婦、共働き、子供の有無にかかわらす「夫にも家事・育児に参加してほしい」「家事分担をして欲しい」という主婦は多いようです。また家事分担が夫婦喧嘩の原因となることも多く、最悪の場合は離婚の原因にもなるようです。

以前のように「男は仕事、女は家庭」という考え方の男性は少なくなっていますが、社会的には男性が家事・育児の時間を優先することは難しいのが現状です。

会社で仕事のプレッシャーを受け、家に帰ってからは家事分担を迫られる夫。
「家に帰っても休めない!」という声が聞こえてきそうですが、家事分担について夫はどう思っているのでしょうか。

家事の分担について夫はどう思ってるの?

男性の1日あたりの家事時間の国際比較表というものがあるようで、それを見ると日本人男性の家事時間は主要先進国に比べて1/3程度という少なさ。

「俺はやってる!」という声が聞こえそうですが、あくまでも調査結果ですので。

独り暮らしをした経験がない場合は、家事をする機会は女性よりも少ないことが多いのが男性です。また一人暮らしをしていても、家事など身の回りの事よりも仕事が優先されることが多いと思います。

そのため女性よりは家事能力が低いのは仕方がないのかもしれません。

「外で働いて稼いでいるのだから、家に帰ってまで家事をする必要はない」という、昔ながらの考えが残っているのも事実です。

ですが共働きの場合は、奥さんも働いているのですから一方的に家事を押し付けるのはいかがなものでしょう。

また家事を手伝いたいと思っていても「どうやっていいのか分からない」という夫もいるようです。ですが「分からない」「教えて」とは聞けないのが男のプライド。奥さんが上手に誘導してあげる必要があります。

スポンサーリンク

奥さんはどう思ってるの?

共働きの場合でも家事分担の比率は奥さんの方が多くなっているようです。ですが「家事を半々にしたい」という人はそれ程多くないのかも知れません。

奥さんが家事を分担したいというのは、一人で仕事、家事、育児と全部こなすのは大変という現実を知ってもらいたい、分かってもらいたいという気持ちがあります。

また夫に家事をやって貰っても「やり方が違う」とイライラしたり「やり直さなければならない」などの手間を考えると「自分でやった方がいい」と思ってしまう奥さんもいます。

女性は「家事をやって貰いたい」という気持ちと「自分の大変さを分かって欲しい」という気持ちがあるようです。

まとめ

男性と女性では考え方や感じ方が違います。そのままイライラを募らせるよりも、きちんと話し合いお互いの考えを知る必要があります。

どちらか一人が負担をするのではなく、お互いに一番いい方法を見つけることが大切ではないでしょうか。

スポンサーリンク
おすすめの記事