スポンサーリンク

階段でうっかり滑ってしまうということ、よくありますよね。「おっと、危ない」と大人なら立て直しますが、子供はそのまま転んで怪我をしてしまうという危険もあります。実際階段事故は4才くらいまでが一番多いのだそうです。

そこで階段の滑り止めは必需品。どんなものがあるか見てみましょう!

子供に安全な階段の滑り止めグッズ3選!

階段に置く滑り止めマット

階段一段一段ごとに直接敷くマットです。端が折り曲げ式になっているものもあって、足のあたる部分がすべてマットで覆われていることになりますから足に優しいですね。

貼ったり、止めたりする必要がなく置くだけ。一部が滑り止め加工になっていてズレません。階段の幅や大きさによってハサミで切ることができるので便利です。

マットタイプは滑り止めと同時に音の吸収もしてくれるのがメリットですね。

階段の端に取り付けるプラスチックの滑り止め

階段全体に敷くマットタイプではなく、階段の端に取り付けるプラスチック製の滑り止め。テープをはがして階段にしっかりと吸着させるのでズレル心配はマットよりも少ないですね。

汚れにくいというのも利点で、階段の一部分のようなものですからお手入れも楽です。

屋外の階段にも使える滑り止めテープ

塩化ビニール製の屋外やお風呂場、台所など水に濡れるところにも貼れる滑り止めテープ。階段の端に切って貼るだけです。耐熱性もあるので暑い場所でも安心。

目立ちにくい透明性のものが人気ですね。

スポンサーリンク

安くても安全!100均にあるこんな滑り止め!

100均にも滑り止めシートは売っていますね。お安いので作りはいたってシンプルで特別なデザインはありませんが、塩化ビニールでしっかりと滑り止めの機能は発揮できるものです。

好きな大きさに切って使用できるので、階段だけでなくいろんな所にも使えそうです。また、市販のマットに貼り付けたりしても使えますね。

100均で滑り止めテープもありますが、やはり粘着性が弱いのが難点。そこで別の粘着テープなどを使って強度をあげるという方法も。

それでもお値段は安くつきます。

100均は単品で使うよりDIY1つとして、工夫してオリジナルを作るというやり方もありますね。

まとめ

階段は滑ることも危険ですが、つまづくというのもけっこう危険です。転んで思いっきり足を打ってしまったなんてことも。

対策グッズはそこまで高額なものでもありませんし、滑った時、つまづいた時に最小限の被害で済むように事前に対処することが大事ですね。

スポンサーリンク
おすすめの記事