スポンサーリンク

いくら中のいい義父母でも一緒に暮らすとなると考えてしまうのが同居です。

それまでの生活とは違うという不安や、実の両親とは違うためどこまで甘えていいのか悩んでしまいますよね。

家事は嫁の仕事」と丸投げされても困るし、逆に「家事は全部まかせて」と言われても気が引けてしまいますよね。

家事は毎日の生活に関わることなので、上手に家事分担を決めて快適な同居生活を送りましょう。

家事分担は同居前に決めたほうがいい?

実際に同居が始まってしまうと、仕事や生活に追われてしまうため「いつの間にか自分が家事担当になっていた」となりかねません。

せっかく同居したのに自分一人で家事をこなすのでは負担が増えるだけです。家事分担は同居する前にルールを決めた方がその後の生活がスムーズですよ。

義父母であっても家族として生活するのだから、家事分担やルールを決めるのは気が引ける、と感じかも知れませね。でも親と同居する時に一番問題になるのが「家事」なんです。

同じ家に主婦が二人いると喧嘩になると言われたことがありますが、まさにその通り!キッチンは主婦の城ですから女王が二人いると喧嘩になりますよね(笑)

気が付いたら自分一人が家事全部やっていた!ということにならないよう、同居する前に家事分担は話し合っておくのがいいようです。

スポンサーリンク

揉めずに進める方法を教えて!!

同居すると決めたのであれば、家事分担は家族と話し合って決めるのがベストです。

仕事をしているのか、子供がいるのか、などによって家事分担は違ってきます。また義母が家事好き(得意)なのか、嫌いなのかもポイントになりますよ。

義母が専業主婦で嫁がフルタイムの仕事をしているのであれば、平日の家事は義母が担当、休日の家事は嫁が担当。平日の全てをお願いするのは気が重いのであれば、朝食の準備と夕食の食器洗いは嫁が担当。それぞれの生活スペースや洗濯物は各自で、リビングなど共有スペースは平日と休日で担当を決める。など基本的なルールを決めることで、どちらか一方の負担が大きくなったり、後から揉めるのを防げます。

またルールを決めたからといって、縛られ過ぎるのは禁物です。体調が悪い時や休日出勤、子供の病気など何が起きるか分かりません。その時に合わせて柔軟に対応することが大切です。同居生活はお互いさまという気持ちが必要です。

まとめ

同居での家事分担は生活スタイルによって大きく変わります。

長く生活を共にすることを考えると、なんとなく家事を全て任されて不満を募らせるよりも、最初から基本的なルールを決めて分担してしまった方が、不満が出にくくなりませんか?

また同居生活を円満に続けるためにも、時にはプレゼントを渡すなどの感謝の気持ちを伝えることが大切です。

スポンサーリンク
おすすめの記事