スポンサーリンク

結婚して旦那さんと一緒に生活を始めると、付き合っていた頃には気づかなかった旦那の一面に気づいて、徐々に気持ちが冷めてしまった…という女性は多いのではないでしょうか。

恋愛と結婚は別物ですから、結婚生活では金銭感覚、生活習慣、人間関係など、様々なことで夫婦間にズレを感じるのではないでしょうか。

でも、それは仕方がないことです。
だって、別々の環境で育ってきた二人なのですから、自分の常識が相手の非常識というのは、ほとんどの家庭で起こっていることです。

でも、日常の些細なイライラが積み重なると、旦那さんのことが嫌いになってしまいますよね。

実際、既婚女性が集まれば話題は旦那の愚痴ばかりというのも多いものです。

旦那のことは嫌いだけど、子供は欲しい。
矛盾しているようだけれど、こう思っている女性が増えています。

女性に生まれたからには、子育てはしたいし、親に孫の顔も見せてあげたい。でも、旦那のことは嫌い。

旦那は嫌いだけれど、子供がいれば自分の心の支えになってくれるかも。

このような思いを持ってしまったらどうしたら良いのでしょうか。

子供を持つのは昔からの夢!でも旦那が嫌い!!どうすればいいの?

結婚をして、子供を育てるのが昔からの夢だったという方も多いのではないでしょうか。

可愛い子供がそばにいてくれれば、辛いことも頑張れるし子供の成長は自分の励みにもなる。

赤ちゃんを抱っこして幸せな気分になりたいし、子供を育てている友達が羨ましい。

でも、旦那さんのことが嫌いでは子供を産んで育てるのは難しいですよね。

産まれてくる子供が旦那さんの子供であれば、旦那さんにも似ている可能性も高いですし子供だってパパと触れ合いたいはずです。

嫌いな旦那さんにそっくりな子を育てられますか?

夫婦の不仲は子供の精神状態を大きく左右します。パパとママが喧嘩ばかりでは生まれてきた子供がかわいそうです。

自分のわがままな気持ちだけで子供を作るのはおすすめできません。

生まれてきた子供の人生はその子のものであり、子供はあなたの所有物ではありません。

側から見ると幸せいっぱいに見える子育ても、実際は大変なことだらけです。子供がいれば、自分の仕事やプライベートも大きく制限されます。

子育ては思い通りにいかないことばかりです。

子育てが大変な時に、旦那さんと不仲であれば身近に頼る人もなく、負担は増えるばかりです。

そんな環境で、子供に愛情を注ぐことができるでしょうか?

子供が欲しいと思うのなら、まずは旦那さんと向き合いお互いの問題点を少しづつ解消していくことから始めましょう。

スポンサーリンク

旦那のことは好き?嫌い?アンケート結果発表!

既婚女性が集まると

旦那のここが嫌い!

 

旦那にこんな酷いことを言われた!

と、旦那さんの愚痴大会が始まることもしばしばです。

みんな旦那さんとはうまくいってないんだな、旦那が嫌いなのは私だけじゃないんだ、なんて思いがちですが、本当にそうなのでしょうか?

ある調査で既婚女性に旦那さんのことが好きかどうか調査したところ

  • 好き…88%
  • 嫌い…12%

という結果が出たそうです。

どうでしょうか?この結果を見ると、9割近くの方が旦那さんのことを好きだと回答しています。

みんな愚痴をこぼしながらも、本心では旦那さんのことを嫌ってはいないことがほとんどのようです。

  • 体調を気遣ってくれるところが好き
  • 真面目に仕事をしているところが好き
  • いざという時頼りになる

と、旦那さんの好きなところを挙げると色々な意見が出てきました。

なかには、一緒にいるとイライラするけど、いなくなると寂しいからなんだかんだ言って好きなんだと思う。という回答もありました。

あなたも、旦那さんのことが嫌いだと思いながら旦那さんの良い面、好きな面も知っているのではないでしょうか?

そうでなければ、旦那さんの子が欲しいとは思わないですよね。

もし、旦那さんから離婚を切り出されたらどう思いますか?旦那さんが自分のことを嫌っていたら…?

多少のことは我慢しながら、折り合いをつけて過ごしていくのが夫婦ではないでしょうか。

もちろん、我慢できないような出来事があったり、理不尽な生活を強いられているというのなら無理に結婚生活を続けることはないかもしれません。

でも、子供が欲しいと思うのなら旦那さんの好きなところを思い出して、まずは夫婦がお互いを大切にして過ごすところから始めましょう。

まとめ

いかがでしたか?

旦那さんが嫌いという気持ちを冷静に見つめなおして見ると、意外と旦那さんを必要としている自分に気づくのではないでしょうか。

生まれてくる子供が、愛情をいっぱい受けながら元気にすくすくと育ってもらうためにも、まずは夫婦が仲よく、子供が安心して過ごせる環境を用意してあげましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事