スポンサーリンク

「男は外で働いて、女は家庭を守る」という考え方はもう古い(笑)

現在では女性も外に働きでる共働き夫婦が増えています。だからといって女性一人で仕事、家事、育児をこなすのには限界があります。

最近では主夫やイクメンという言葉もあるように、家事や育児に関わる男性も増えていますよね。といっても昔ながらの「家事は女の仕事」という考え方が強い日本では、共働きといっても家事分担は女性の方割合は多いのが現状です。

女性ばかりに負担がかかるとイライラやストレスが溜まり爆発しちゃいます。そうなる前に、共働きでの家事を分担するコツをご紹介します。

共働きで家事の分担をするコツとは?

共働きでの家事分担のコツはズバリ「お互いが納得すること」です(笑)

最初に家事分担についてきちんと話し合うことが大切です。ゴミ出し、食器洗い、風呂掃除は旦那さん、料理、洗濯は自分と分担を明確にして、それを自分の仕事と納得してもらうことです。

また掃除や買い物は週末にまとめて、平日は簡単に掃除を済ませるなど家事の許容範囲も決めておくといいですね。お互いに仕事をしているのですから、全てを完璧にこなすのは無理です。仕事と家事を両立するにはある程度の諦め(笑)も必要です。

 

女性と違い男性の場合はそれまでの生活環境によっては家事をやったころがない、ある程度はできる、料理が得意などそれぞれです。

一人暮らしの場合、それまで自分でやっていたので結婚してからはやりたくないと感じる人もいると思います。

  • 家事を分担してくれると嬉しいんだけど
  • ○○やってくれるからすごく助かるわ

というように感謝の気持ちを伝えてみてはどうでしょう。

  • 分担すると決めたでしょ
  • 手伝う約束でしょ

と強く言われるのは気持ちのいいものではありませんよね。家事をやってもらうには相手をやる気にさせることも必要ですね。

また女性は長く家事を経験しているため、自分のやり方をもっています。自分と違うやり方にイライラしてしまうこともあります。洗濯物のたたみ方が違っても、畳んでくれているのだからOK!という広い心が家事分担を長続きさせるポイントです。

スポンサーリンク

うまくいかなかったらどうしよう・・・?

どうして家事分担をしようと思うのですか?仕事と家事を頑張ってきたけれど、家事との両立は大変と感じたからじゃないですか?

共働きである以上、家事を一人でこなすには限界があります。「家事は女性の仕事だから」と頑張っても体は一つしかありませんし、一日は24時間なんですから。

家事を分担してうまくいくか、いかないかは相手への思いやりではないでしょうか。

お互いに仕事をしているわけですし、一緒に暮らしている家のことですから、お互い助け合わなければ生活していけませんよ。ストレスと不満が爆発しないうちに、お互いが負担にならない家事分担を話し合ってみてはどうでしょうか。

まとめ

共働きの家庭で必ずぶつかるのが家事の問題ですよね。

家事は女性の仕事と思っていても、仕事で疲れている時は何もしたくない!と思う日もあります。一方だけに家事の負担が偏っているといつか不満が大爆発!!なんてことになるかも(笑)

まずはお互いの負担にならない程度の家事分担から始めてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
おすすめの記事