スポンサーリンク

共働きで家事と育児の負担を抱えている奥さん。

日本人の多くの人は、女性は家庭と育児を守るものという暗黙の了解で過ごしている部分があります。

生活費を守るために、共働きを必要としているのですが、それでも、男性が家事を手伝うというのは、なかなか難しい環境のようです。

ある人は、本当に旦那と奥さんとの家事での役割分担を書き出してみたらしいのです。やはり奥さんの方が、細々と家事と育児に追われているのが多かったのです。

外国の人は、家事や育児に関しては、日本人の男性に比べ、かなり積極的に参加されているようです。

外国の人と一緒であれば、こんな悩みはないのでしょうが、結婚して、まさか、男性がそんなに家事に関して、あまりしないとは夢にも思わなかった部分なのかもしれませんね。

だからといって、目の前の問題を少しでも解決につなげて もらいたいですね。

家事と育児の負担、私の方が多い気がする…

どうしても、女性の方が細かいところまで気をつけている部分がありますから、奥さんの方が家事と育児の時間に追われると思います。

どれだけご主人が出来る部分の家事を行なっても、奥さんが抱えている家事と育児の用事は、無限大に等しいのです。

男の人は、おおざっぱな部分しかできないので、どんなにお願いをしても、スルーされる方が多いと思います。

スルーされるたびに「何で協力してくれないの?」と、追及してしまうと、もう男の人は、お手上げ状態になるので、それ以降は協力したいと思わない方向に行きます。

スポンサーリンク

負担を減らす方法を教えて!!

家庭生活を送る上で、家事と育児の負担は私の方が多い気がするという考えになってしまうのは、かなり疲れているからだと思います。

本来、自ら家庭を築くのに自分のするべきことがわからない状態に陥っている可能性があります。

相手にも負担を追いやるよりも、別の方法で負担を減らす方法を考える必要があります。

今では、家政婦もいれば、家事代行というものを利用することができます。

最近では、ハウスキーパーなどがありますから、それらを利用して、家事の負担を減らしてみてはいかがでしょうか。

毎日でも良ければそれも一つの方法ですが、週に1回などにすると、一つのサイクルができて余裕が生まれてくると思います。

まとめ

男性が子供ためとか、家庭のために仕事を放置することは無に等しい形なのです。

その点、女性なら子供が病気をしたり、家族が病気したりして休んでも、男性と比べ、仕事をほったらかししたからといって困るなどの苦情はあまり言わないのです。

最終的には、どんなに旦那が家事と育児の時間を作っても、奥さんの方でそれが納得できる状態でなければOKになりません。

ですから、共働きで家事と育児の負担は私の方が多いという不満はなくならないと思います。

不満解消が必要であれば、これだけの用事があることをリストにして理解をしてあげることだと思います。

スポンサーリンク
おすすめの記事