スポンサーリンク
こんなママにおすすめ
初めて育児する便秘気味の赤ちゃんに初めて綿棒浣腸をしたが出血してしまったお母さん向け

赤ちゃんの便秘には綿棒浣腸が効果的ってよく聞きますよね。

いざママも初チャレンジしてみようと思っても、デリケートな部分だしなかなかうまくいかない・・・

なんてこともあるのではないでしょうか。

今回は綿棒浣腸するときに失敗しないコツや出血した時の原因と対処法についてまとめました。

綿棒浣腸の失敗しない方法

失敗しないためにはまず、しっかりやり方をおさらいして要点を覚えましょう。

用意するものは綿棒とオリーブオイルです。

綿棒は赤ちゃん綿棒だと小さくて柔らかいので、大人用を使用するのがおすすめです。

浣腸をしたとき勢いよくうんちが飛び出ることもありますので、おしりの下に新しいオムツを敷くことと、手の届く位置にティッシュやおしりふき、タオルなどがあるといいですね。

綿棒の先にオリーブオイルを染み込ませて準備します。

赤ちゃんの姿勢は仰向けにし、両足を片手で持った状態のままM字開脚になるように抑えます。

ポイントはしっかり足が開いていること。

足が開くことで、肛門が見えやすくなるので浣腸がしやすいです。

足がしっかり開いた状態で、綿棒の先1cmから1.5cm程肛門に入れて、ゆっくりと時計回りにぐるぐる回します。

ぐるぐるしていたらそのうち腸が刺激されてうんちが出てきます。

これが綿棒浣腸のやり方です。では、失敗しないためにはどうしたらよいのでしょうか。

綿棒浣腸初チャレンジのママたちが失敗する多くは、綿棒をどこまで入れていいかわからないということと、子供綿棒を使用したので柔らかくてうまく肛門に入らないなどです。

綿棒をどこまで入れていいかわからない時は、綿棒に印をつけたり、ここまでなら入れて大丈夫というラインにテープを貼ったりするとパッと見てわかりやすいですよ。

でも、ものすごく深く入れたりしない限りは大体の目安でも大丈夫。

怖がって少ししか入れないとあまり腸が刺激されないので失敗に繋がりやすいです。

他にも、綿棒浣腸試してみたけど、うんちがでなかった・・・という方は、赤ちゃんの食生活を思い出してみてください。

離乳食が始まったばかりの赤ちゃんは水分が不足しがちなので、綿棒浣腸で肛門を刺激してもうんちが硬くて出せないということもあります。

水分摂取をしっかりしたうえで綿棒浣腸をしましょう。

スポンサーリンク

綿棒浣腸で出血した時の原因

綿棒浣腸でうんちが出るはずなのに、血が出てきたらとてもびっくりしますよね。そんな時こそ、慌てずに原因を調べて対処することが大事です。

綿棒浣腸で出血といえば、大体が綿棒で腸や肛門を傷つけてしまっての出血が多いです。

先ほど書いたように、どこまで綿棒を入れていいかわからなくて深くまで入れてしまい傷をつけてしまうことはよくあります。

その場合は綿棒浣腸を一旦中止し、少し様子を見ましょう。出血がすぐ止まる、数時間で止まるようであれば数日開けてから再チャレンジしてみましょう。

この時赤ちゃんの様子はしっかり観察して、綿棒を入れてすぐ泣き喚いたり、明らかに綿棒を入れたことによって機嫌が悪くなったら中止して病院で診てもらいましょう。

もう一つ出血する原因となるのが、腸重積症という病気の可能性です。腸の一部が腸の中に重なるように折れ込んだ状態で、腸閉塞に陥ります。

大人でもかかる病気ですが、主に多いのは生後6か月から2歳の子供です。

嘔吐や腹痛が主な症状で、これにかかっていると粘血便が出たり、綿棒浣腸の時に出血することがあります。

症状があらわれている時は、お腹のあたりにしこりのような触り心地のものができます。あれ?と思ったら迷わずに受診しましょう。

発見が遅れると開腹手術をしなければいけないこともあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。赤ちゃんは言葉で伝えられない分、行動で伝えてきます。

そういった小さなサインを見逃さないことが、ママの初チャレンジを成功させてくれるカギになるのではないでしょうか。

スポンサーリンク
おすすめの記事