スポンサーリンク

赤ちゃんはテレビが好きだなぁ。と、感じたことはありませんか。

でも実は、テレビの内容を理解して楽しめるようになるのは4~5歳くらいだと言われています。

赤ちゃんはテレビの光や音などに興味を惹かれて、画面を見ているだけなんです。

1歳前からテレビに興味を示す赤ちゃんは、たくさんいます。

テレビやスマホは良くないのかなぁ?と、思いつつも、喜んでみている姿を見ると、視力が下がってしまわないかと、心配になりつつも、ついつい見せてしまうんですよね。

しかも、その隙間に色々家事を済ませようとして、ずるずると…なんてことも。

そこで、今回は、テレビと視聴によって視力の影響について、お話ししたいと思います。

赤ちゃんがはいはいやあんよが上手になる頃、気がつけば至近距離でテレビを見ていることってありますよね。

近くで見ると視力が落ちないか心配する親御さんは多いと思います。

では、実際は、どうなのでしょうか。

結論から言うと、至近距離でテレビ見てもすぐ目の発達に大きな影響を与えることはない。と、いわれています。

視力とテレビの関係を研究したデータが無いので、視力が低下するかどうかは、未だ解明されていないので、結論づけられていないのが、現状です。

テレビを、近くで見ていると目が悪くなると思われがちですが、視力が低いのでテレビに近付きすぎてしまう。と、いうのが正しいです。

一般的には、画面の高さの3倍くらい離れて見るのが良いと言われていますが、視力が未発達な乳幼児のうちは、それより近くで見てしまうことが多いのです。

かと言って、近くで見てもいいか。と、いうとそうではありません。

テレビの光は、色が鮮やかで視力が完全に成長していない赤ちゃんにとっては、とても刺激が強いです。

特に、フラッシュのある画像を見たり、至近距離で1時間以上見続けたりしていると、一時的に気分が悪くなってしまうこともあります。

それだけ『テレビの光は刺激が強いもの。』ということがわかりますよね。

また、幼児の視力とテレビ視聴に関して、近年言われていることは、画面との距離が近いことよりも、視聴時間に気を配ることが大事だということがわかりました。

視力低下を防ぐには、テレビ画面との距離よりも視聴時間に気をつけるのがよいそうです。

30~45分くらい見たら、休憩をはさむようにしましょう。

見る時は、親子で一緒に見て、だらだらと長時間つけっぱなしで見ることは控えて、画面から2m以上は離れて見るようにするといいですね。

かわいい愛する赤ちゃんの健やかな成長のために、ルールを決めて見るようにすることは大切ですね。

赤ちゃんがテレビに近づいてしまう理由

テレビをつけると、赤ちゃんがテレビに近づいていくので困っている親御さんは多いと思いますが、1歳以下の赤ちゃんの視力はあっても0.4くらいです。

よく見ようとしてテレビに近付いて、じっと凝視をするという状況になるのは自然なことなんです。

「そんなに近くだと、近すぎて見えないんじゃないの?」とも思うのですが、赤ちゃんは、映像の変化や音を楽しんでいるだけなので、ちょうどいい距離だといえます。

それに、テレビに近づけないように気をつけていても、はいはいや、あんよが上手にできるようになると、自分で動いてテレビに近づいていくことってありますよね。

テレビになぜ近づくかというと、赤ちゃんは、明るい方や動くものに興味があり関心を強く示すことが原因のひとつです。

めまぐるしく変化する画面に引き寄せられ、キャラクターや乗りものが映ると、嬉しくて近くで見ようとします。

視力がまだ未発達で、はっきり見えないことが原因で近づいている場合もあるようです。

テレビをつけているときは、近くで一緒に見て、あまり近すぎないように、また、つけっぱなしにしないように、管理してあげることが大切です。

言葉が話せない月齢の赤ちゃんでも「テレビは離れてみようね」と声をかけながらすると、わかるようになっていきますよ。

スポンサーリンク

赤ちゃんをテレビに近づき過ぎなくするアイテム

テレビから2メートル離れて見た方がいいことがわかっていても、やることがたくさんあって忙しい中で、一回いっかい対応するのは大変ですよね。

そんな時に便利なアイテムご紹介します。

ペット用の柵か、ストーブ用の柵でもいいと思います。

テレビから2メートル離れたところに合わせて置くと、その中で見ている時は、常に離れていられますよね。

バンボ

2メートル離れたところに置いて置くと、座って見せると離れて見れます。

ジョイントマット

ジョイントマットを並べて、その上で座って見れるようにするといいですよ。

また、端のラインがわかりやすいように、色を変えて、ジョイントすると、より効果的です。

いかがですか。

ぜひ、参考にしてみてください。

スポンサーリンク
おすすめの記事