スポンサーリンク
こんなパパにおすすめ
あやすと顔を見るようになり赤ちゃんにどのように映っているのか気になるお父さん向け

日に日にかわいく成長していく赤ちゃん。目が合うと嬉しくなっちゃいますよね。

お母さんやお父さんは赤ちゃんが、目を開けてきょろきょろしたり、ぱちくりしたりすると、かわいくて、思わずニッコリとしちゃいますよね。

あまりにはっきりと目を開けて周囲を見渡すと、見えているのかな?と、思いませんか。

 でも実際は、見えていないのです。

生まれるまではお腹の中にいたので、はっきりと見えるくらい視力があると反対に生まれてきた時に明るい電気の刺激で目を傷めてしまうので、あまり見えない状態で生まれて成長とともに視力は発達します。

人間の体の神秘ですね。

そんな視界がはっきりしていない新生児でも、人の顔らしいものを好む傾向にあるそうですよ。不思議ですよね。

 では、赤ちゃんがどのくらい見えているのか。どんなふうに見えているのか。一つずつみていきたいと思います。

 新生児の視力はどれ位?

 新生児の頃の視力はどのくらいあるかご存じですか?

生後間もない赤ちゃんの視力は、0.01〜0.02ほどしかありません。

ボンヤリとしか見えない状態です。この状態を固視といいます。

生後2ヶ月頃に、ようやくぼんやりと見えるようになりますが、顔のパーツははっきりと見えません。

3ヶ月頃には、徐々に細かな部分が見え始めます。シルエットだけではなく、目や鼻、口といったパーツなどもわかるようになります。

動くものを目で追ったり、おもちゃを一生懸命に見つめて寄り目になったりするのもこの頃です。

あやして、声を出して笑うようになると、ある程度見えている証ですので一つの目安にするといいと思います。

4ヶ月頃になると視力は0.040.08まで発達し、6ヶ月を過ぎると視力の発達は著しくなり、0.1くらいにまでなり、生後8ヶ月にもなると、物事の奥行きを把握し、人や物を立体的に見ることができます。

好奇心も旺盛になってきますよ。

この頃になると人の顔を覚えられるようになって、声など視覚以外の感覚で、お父さんお母さん他人の区別がつくようになるので、人見知りが始まると、いうわけです。

1歳頃の視力は0.20.25にまで発達します。

物の形や人の顔は認識できるものの、輪郭はまだ完全には見えません。人の脳は「両眼視機能」といわれる両方の目で同時に物を見る能力が備わっているのですが、この頃はまだその能力が未熟なので、物にぶつかることが多く見られます。

スポンサーリンク

 赤ちゃんが認識しやすい距離と服装

新生児の頃は、20〜50cmの距離が一番よく見えるといわれています。

見せたいものはある時は、この距離に持ってくると、認識しやすいですよ。

ちなみにこの距離は、お母さんが赤ちゃんを抱っこした時の顔の距離なのだそうです。

はっきり見えていなくても、匂いや声はちゃんとわかっているので、家族が近くにいることや、お母さんが抱っこしてくれていることがわかり、安心感を得ることができるのですね。

話しかける際には顔を近づけてあげましょう。

認識できる色は、黒、白、グレーの三色といわれています。

その後、赤や黄色、緑など、色がついた物を認識できるようになります。赤ちゃんは明るい、明度の高い黄色、パステルカラー、赤、青、緑など、はっきりとした原色も、見えやすく、寒色系よりも暖色系を好む傾向にあります。

ママの肌色に似た色が、赤ちゃんが安心する色のようです。

赤ちゃんと接する時のお母さんの服装は、明るい色の方が、赤ちゃんにわかりやすくて、いい刺激になります。

乳幼時期は寒色系より、赤・黄の暖色系を好む傾向があると、先ほど説明しましたが、色から連想するイメージが影響しているのだそうです。

赤系は『元気や明るさ』を連想させる色で、ブルー系は『落着きや集中』を連想させる色と、言われています。

赤ちゃんを育児するうえで気をつけたいのは、モノトーンばかり着ることです。

特に黒は『威圧や緊張感』を与える色です。

赤ちゃんをイメージすると、ベビーピンクやベビーブルーなど、淡くて柔らかい色を思い浮かびませんか?

実際、お店に行ってもベビー服には淡い色合いが多いですよね。

でも、知育玩具は赤・青・黄色などのハッキリした色が多いと思いませんか?

乳幼児の色彩感覚の発達は言語発達にも影響すると言われています。

育った環境で、色彩感覚に違いが出ると言われています。

乳幼児期にたくさんの色の刺激を受けると、色彩感覚を育てることが出来ます。

大脳の約8割が完成すると言われる3歳までに、多くの色を見て感じさせてあげることは、とてもいいことです。

服や玩具、絵本なども効果的ですが、空や海、植物などの自然の美しい色も、いいですよ。

子どもが生まれる前はシックな色味の服を好んで着ていたお母さんも、赤ちゃんと接する時は、鮮やかな色味やパステルカラーなど取り入れてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
おすすめの記事