スポンサーリンク

旅行に行きたい!

けど、まだ幼い赤ちゃんがいる…

新幹線より飛行機がいいって聞いたことあるけど、飛行機は狭いし、引き返そうにも出来ない。

もし、

  • 赤ちゃんが泣いてしまったら?
  • オムツ替えは?
  • 授乳やミルクはどうしたらいい?

周りの人にも迷惑かけちゃうかな…

 不安だらけですよね。

赤ちゃんと飛行機に乗ることをお考えなのであれば、赤ちゃんにもママパパにも、少しでも負担がかからない方法をお伝えしたいと思います。

飛行機で受けられるサービスとオススメの座席

 

機内では、乗務員さんが優先的に声かけをしてくれます。

ママがトイレへ行きたいときなど、赤ちゃんを抱っこしていてくれたり、ミルクを代わりに作ってくれたりします。

頼めば、おもちゃや絵本を持ってきてくれます。

また、ベビーベッド(バシネット)を予約すると貸してくれる航空会社もあります。

ただし、環境が違うため、ベビーベッドで寝なくて結局抱っこという方もいらっしゃいます。

 座席は、通路側を選ぶといいです。

乗務員さんに呼びやすいですし、反対に乗務員さんからも見やすいため、手助けにすぐ対応しやすくなります。

オムツ替えやトイレにせきを立つ時も動きやすいです。

 また、予約する際隣の座席は空席を希望しておくといいでしょう。

赤ちゃんのお世話をする際、荷物が多くなりますから、隣が空いているだけでお世話しやすくなります。

 トイレ付近は、人通りが多いため避けた方が無難です。授乳しているときに他人が側を通るのって落ち着きませんからね。

スポンサーリンク

 機内で泣かせないために搭乗前からやっておくこと

なるべくいつもと同じサイクルで起床や食事をしましょう。

いつもと違うだけで、赤ちゃんは緊張と戸惑いを持ってしまいます。

搭乗前はたくさん遊ばせて、疲れさせておくのも1つの手です。機内でぐっすり寝てくれれば、それに越したことはないです。

夜の便など、眠る時間のフライトもいいですが、いつもと違う環境なので、逆に眠たいのに寝れない!と大泣きされてしまうことも。

こればかりは赤ちゃん次第なので、泣かれてしまったらとことん付き合ってあげるしかありません…。

 機内で機嫌が悪くなってきたら、お気に入りのおもちゃやお菓子でご機嫌を取りましょう。

また、新しいおもちゃを用意しておくと、そっちに集中するので、少しの間静かに過ごせるようです。

 怒らず、焦らず、赤ちゃんのフォローを

搭乗したら、周りへ一言挨拶しておきましょう。それだけで、周りもですがママパパの心の持ちようも変わります。

慣れない環境というのはみんな同じですが、赤ちゃんが1番戸惑っています。

愚図ったり、泣き出してしまったら、怒らず、できるなら抱っこして安心させてあげてくださいね。

スポンサーリンク
おすすめの記事