スポンサーリンク

飛行機に乗ると機内の気圧が変わるときに耳詰まりをします。

赤ちゃんの耳抜き方法を知っていますか。知っていると、慌てずに安心して飛行機に乗れますね。

 参考までに耳抜きのタイミングやポイントをご紹介します。

耳抜きをすることに気持ちが向いて、いきなり授乳をしたり、おしゃぶりをくわえさせたりすると、赤ちゃんがびっくりします。

赤ちゃんも、大人と一緒で、初めての場所や、状況では、緊張するものです。

まずは、赤ちゃんを抱っこして安心させてあげてから、耳抜きを行うようにしましょう。

耳抜きをするタイミングは、ズバリ!!〝離陸する前〝と〝着陸態勢に入る前〝です。

飛行機は、離陸後の上昇時と着陸前の下降時に、気圧の変動が大きいので、耳詰まりが起こりやすくなります。

大人だったら、耳詰まりを感じた時に耳抜きをすると、症状を軽減、または解消することができますが、赤ちゃんは、早めに対処が必要です。

授乳や食事をあげる時は、機内では他の人も乗っていることを忘れずに、周りの人への配慮をしましょう。

特に、母乳を飲ませる時は、授乳ケープやブランケットなど目隠しになるものを使うようにしましょう。

また、座席は奥側の席に座ることをオススメします。

耳抜きの方法や、機内で必要なもの準備して、親子で快適に飛行機に乗って、旅行や里帰り楽しんでくださいね。

自分で耳抜きできない赤ちゃんの耳抜きの仕方

授乳をする。

母乳やミルクを飲ませると、唾液を飲み込んだときと同じように耳管を解放させる効果が期待できます。

ベストタイミングは、離陸する直前に授乳をスタートするといいです。

飛行機が上昇していく間もそのまま母乳やミルクを飲ませていれば、耳抜きの効果と、飛行機の揺れや気圧の変化による不安も解消されます。

着陸時も同様に、離陸態勢に入る前に授乳をスタート。

下降する間も飲ませておくといいでしょう。

食べ物、飲み物を与える。

離乳食が始まっている場合は、さっと食べられるせんべいや小さく握ったおにぎりを食べさせたり、お茶、ジュースなど飲むと、唾液を飲み込むことができ、耳管が解放されます。

また、食べていると気分が紛れて、耳の不快感や飛行中の不安な気持ちが和らぐ効果もあります。

おしゃぶりをくわえさせる

おしゃぶりをくわえておくと、口の中にほどよく唾液が溜まり、その唾液を飲み込む時に、耳抜きができます。

指しゃぶりでもオッケーです。食事、おしゃぶりをくわえるタイミングも、授乳や食事と同様です。

そのほか、搭乗前に授乳をして、離陸時には寝かせてしまうのも、一つの方法です。

赤ちゃんと飛行機に乗るときのポイントは、まずはしっかり〝耳抜き〝をすること。

耳抜きができれば、機内でぐずったり泣いたりせずに、親子で快適に過ごすことができます。

哺乳瓶、おしゃぶりといった、耳抜きに必要なものは、足元の荷物の中にまとめておき、すぐにつかえるようにしておきましょう。

ミルクを飲ませる場合は、離陸前にフライトアテンダントに伝えておくと、必要なときにお湯の準備や、調乳をしてくれるのでスムーズですよ。

耳抜きのタイミングで、飲んだり食べたりできるように、お腹が空いている状態にしておくこともポイントです。

スポンサーリンク

耳抜きのタイミングと失敗したときの対処法

上記のタイミングで授乳や食事、おしゃぶり…といった方法で耳抜きをしても、ぐずったり泣いたりしていたら、耳の詰まり以外のことで、泣いている可能性もあります。

まずは、慌てずに、どうして泣いているのか。赤ちゃんの様子をよく見てあげましょう。

ひどいときには、激しい耳の痛みや難聴、耳鳴りなどの、症状が出ることもあります。

熱は?ぐったりしていない?など、よくみて、必要があればフライトアテンダントに相談したり、着陸後に病院へ連れて行ったりしましょう。

赤ちゃんがなかなか泣き止まないときは、シートベルト着用サインが消えている時は、席を立つこともできるので、抱っこをして通路の後ろへ移動するのも一つの方法です。

搭乗した時に、隣や前後に座っている人に、赤ちゃん連れであることを伝え、挨拶をしておくといいと思います。

赤ちゃんは、中耳内の圧力を均等にすることができないので、大人に比べて耳詰まりが起こりやすいと考えられます。

大人が耳の詰まりを感じたときは、唾液を飲み込む、あくびをすると、耳管が解放されて症状を解消できますが、赤ちゃんは自分ではできません。耳詰まりがひどくなる前にお母さんお父さんで対策してあげましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事