スポンサーリンク

赤ちゃんを連れて飛行機に乗って帰省すると、機内で赤ちゃんがなぜかずっとグズグズ・・・。

ミルクもあげたし、おむつも大丈夫。おもちゃも嫌みたい・・・どうしたのかな?

なんて経験ありませんか?

もしかしたら、機内の乾燥が原因の1つかもしれないですよ。

飛行機内が乾燥している原因

通常、湿度40%~70%以下がもっとも適した湿度と言われていますが、機内の湿度はわずか20%以下と言われています。

この数字を見るだけで、どれだけ機内が乾燥しているか分かりますよね。

なぜ機内はこんなに乾燥しているのでしょうか?

飛行機は、外の気候がどんな状態であれ、お客様へ快適な空の旅を提供できるよう、機内の湿度は常に一定に保たれています。

機内は、エンジンの出す高熱で暖かい空気が作られるのですが、外気との温度差で結露が出てきてしまいます。

結露をそのままにしておくと、部品が錆びたり、配管が塞がってしまったりします。

そうなると、フライトに危機が生じてしまうため、結露を出さないよう、水分除去装置で水分を取り除くのです。

そのため、機内は乾燥してしまうのです。

スポンサーリンク

オススメのベビー用スキンケア用品

赤ちゃんの肌はとってもデリケートで、刺激を受けやすいので、できるなら保湿ケアをしてあげるといいですよ。

保湿にも、サッパリとかしっとりなど、商品によって保湿力や中のクリームに使われている薬品が違うものがありますので、事前に赤ちゃんのお肌に試してみて、合ったものを持参しましょうね。

ジョンソンベビー ベビーローション

生まれたその日から使える優しい成分で作られています!

お手頃価格で伸びも良く、大きくなってもずっとコレ!って方多いですよ。

ママ&キッズ ベビーミルキーローション

胎内の肌環境を目指し作られていますので、産まれたばかりの赤ちゃんのもちもち肌がずっと維持できます。

油分も水分も補えるので、これ1本で全身スキンケアできちゃいます。

丹平製薬 アトピタ

肌が弱い子やすぐ荒れちゃうような子にもオススメ。しっかりとした保湿もできる上、肌トラブルを和らげてくれる効果も。

うちの子は生まれたときから油分が少なく、ガサガサ乾燥肌でしたが、これを夜塗ってあげると朝まで掻きむしることもなく、しっかり保湿されていました。

飛行機には保湿クリーム持参で!!

飛行機がいかに乾燥しているかお分かり頂けたでしょうか?

赤ちゃんと一緒に乗る際は、お水を度々あげるなど、水分補給!そして、保湿クリームを塗ってあげてくださいね。

スポンサーリンク
おすすめの記事