スポンサーリンク

寒さが厳しい冬は赤ちゃんが寒がっていないか、室温は丁度いいのかと気を遣うと思います。

まだ言葉で意思表示ができない分、大人が気付いてあげなくてはなりませんが、自分以外の人の体感温度を見極めるのは難しいですよね。

赤ちゃんにとって最適な暖房の温度や室温調整のポイントについてご紹介します。

赤ちゃんが心地よく過ごせる室内の温度とは?

冬の室内の適温は、20℃前後と言われています。

細かく言うと、20℃~23℃程度が目安です。

暖房器具はエアコンを使用するご家庭が多いかと思いますが、エアコンの暖かい空気は天井に向かって上がっていくので、床付近は2~3℃低いことが多いです。

同じ設定温度でも、床で寝かすのとベッドで寝かすのとでは赤ちゃんの体感温度が異なる可能性がありますので、赤ちゃんが寝ている高さに合わせて室温計を置くと良いのではないでしょうか。

 

室温が丁度良くても、厚着をさせすぎてしまったりお布団をかけすぎてしまうと赤ちゃんは暑いので気を付けなくてはなりません。

上記の室温に設定した場合は、短肌着+長肌着(コンビ肌着)+カバーオールの組み合わせに冬用掛け布団1枚が目安です。

状況に応じて、寒そうであればスリーパーなどを使用すると良いでしょう。

足が寒そう、冷たいからと靴下を履かせてあげたくなってしまうかもしれませんが、赤ちゃんは体温の調節機能が未熟ですので手足で体温調節をします。

靴下を履かせると熱を逃せなくなってしまうので、基本的に靴下は履かせなくて大丈夫です。

 

手足が冷たくても、気持ちよさそうに寝ていたり機嫌よく遊んでいてお腹や背中が暖かければ大丈夫です。

逆にお腹や背中がひんやりしている場合は寒い可能性がありますので、洋服や布団を一枚増やして様子をみてあげてください。

 

また、室温の他に冬に気を付けなくてはならないのが湿度です。

エアコンをつけると湿度が下がります。

湿度が低いと風邪などのウイルスも繁殖しやすくなってしまいますし、赤ちゃんのデリケートなお肌が乾燥する原因にもなりますので加湿器を併用することをおすすめします。

湿度は50%~60%を保つようにしましょう。

最近は加湿空気清浄機に室温計と湿度計が付いているものも多いので、お部屋に置いておくと便利かもしれません。

スポンサーリンク

室内の温度は一定にするのが一番重要!

室温管理で大切なのが、温度を一定にすることです。

窓やドア付近と部屋の中心では温度が異なってきますし、気温も変化するので設定温度を一定にしておけばずっと同じ室温を保てるわけではありません。

室温を一定に保つポイントと注意点をいくつかご紹介します。

エアコンの風向き設定を利用する

エアコンは風向きを好みに合わせて設定できるかと思います。

この風向きの設定でスイングを利用すると、風向きが左右上下に勝手に動いてくれるので暖かい空気を部屋中に循環させることができます。

サーキュレーターを利用する

サーキュレーターも部屋の空気を循環させてくれるのでおすすめです。

赤ちゃんにエアコンの風やヒーター、ストーブの熱が直接当たらないよう調節できるのもメリットです。

※床暖房、湯たんぽ、電気毛布は注意!

床暖房は空気を汚さない、床付近も暖かい、乾燥しにくいなどメリットも多いですが、床にお布団を敷いて寝たり床に座って遊ばせる場合には注意が必要です。

湯たんぽや電気毛布は一定の場所をピンポイントで温めてしまうので、赤ちゃんが低温やけどをしてしまう可能性があります。

寝る前にお布団の中に入れてお布団を温めておき、寝る直前に出すなどの工夫をすると良いでしょう。

※換気をする

石油ストーブは特に換気が必要ですが、その他の暖房器具を使用する場合でも換気は大切です。

冬場は寒くて換気をする気がなかなか起きませんが、暖かい空気を逃さないよう部屋のドアも締め切りがちかと思います。

5分程度の換気をするだけで部屋の空気が入れ替わり、結露の防止やハウスダストやウイルスの除去も期待できますのでこまめな換気をおすすめします。

窓は全開にしなくても10㎝程度で大丈夫なので、部屋の対角線上の窓を開けるとスムーズに空気の入れ替えができます。

上手な室温管理で冬を乗り切りましょう!

赤ちゃんがいると室温や服装、体調管理など気を遣うことがたくさんですが、上手くポイントを押さえて快適に冬を乗り切れると良いですね。

ぜひご家庭に合った最適な方法を見つけてみてください。

スポンサーリンク
おすすめの記事