スポンサーリンク

赤ちゃんも大人と同じように起こる便秘症状。

ママも苦しそうな赤ちゃんの為にどうにかしてあげたいですよね。今回は赤ちゃんの便秘に効くマッサージや体操のやり方をご紹介していきます。

赤ちゃんの便秘マッサージのやり方と体操

赤ちゃんが便秘だなぁと感じた時、まず試してもらいたいのがマッサージと体操です。スキンシップにもなるので赤ちゃんも笑顔になること間違いなし!

いくつか方法があるので見ながら一緒にやってみてくださいね。

「の」の字マッサージ

赤ちゃんのお腹に手の平を当てて、おへその周りを「の」の字に描くようにマッサージします。

この時摩擦で赤ちゃんの肌が荒れたり痛がったりしないように、ベビーオイルなどを付けた状態で始めてくださいね。

お風呂上りなど、血行が良くなっている時に行うのがおすすめです。

5本指マッサージ

赤ちゃんのお腹にママの片手を、お腹を包むように置きます。

指は大きく開いたパーの状態。その状態で親指から小指まで順番に軽く押していきます。

お腹が1cmへこむくらいの力加減で行います。ママの手が冷たいと赤ちゃんがびっくりしてしまうので、温めてからマッサージしましょう。

お尻のマッサージ

赤ちゃんを仰向けに寝かせた状態で、両足を片手で持ち上げます。肛門の少し上あたりを指で軽く押し上げたり、トントンと叩きます。

肛門の周りを直接刺激することで、排便を促す効果があります。

ママの爪が伸びていないこと、手が清潔な状態であることを確認してから行いましょう。

自転車体操

赤ちゃんを仰向けに寝かせたまま、片足ずつ膝や太ももでお腹のあたりを押します。自転車を漕ぐように足を回して、あげればお腹に触れなくても大丈夫です。

便秘の体操にもなりますし、赤ちゃんの運動不足解消にもなるのでおすすめです。

金魚体操

赤ちゃんの両脇に手を当てて、金魚のように5~10回ほどゆらゆらと揺らします。

お腹の中に溜まってしまったガスを抜いてくれる効果があり、排便もしやすくなります。

スポンサーリンク

便秘マッサージをしても効果がないときは?

毎日マッサージしているけど、便秘が改善されない場合はまず基本的なところから見直してみましょう。

離乳食の始まったばかりの赤ちゃんだと、腸が固形のうんちを出そうと頑張っている頃なので、水分補給をこまめにしないとすぐ便秘になってしまいます。

細かく水分を与えるようにしましょう。

すりりんごなども便秘解消に効果がありますが、甘みがあるのでそればかりに偏らないように気を付けましょう。

生活リズムも便秘改善に大きく繋がってきます。

夜はしっかり暗い部屋で寝かせて、朝はお日様の光を浴びると体内リズムがしっかりしてきます。

毎日決まった時間に、ご飯を食べることも腸の動きを活発にします。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

マッサージや体操は便秘改善目的以外にも、ママと赤ちゃんのコミュニケーションとして楽しみながらやると心もリラックスできるのでいいですね。

ですが、力を入れすぎたりすると逆に赤ちゃんの肌荒れに繋がったり、ストレスに繋がったりするので便秘で機嫌が悪いときは、なるべく少し時間を空けてニコニコしている時にやりましょう。

私は子供が便秘の時は歌をうたいながらマッサージすると喜んでニコニコしてくれていましたよ。

赤ちゃんの便秘はなるべく放置せず早めに気付いてあげることで、便秘の期間も縮められます。気づくのが遅いと腸が水分を吸収してしまいどうしても硬いうんちが出てしまいがちなので、そんな時は無理にマッサージや体操で改善しようとせず、病院で診てもらいましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事