スポンサーリンク

赤ちゃんと一緒にお出かけをする時は、荷物が多かったり、授乳する場所を探すことを考えたり、いきなり泣き出したりすることを考えると、やっぱり車はとても便利な移動手段ですよね。

でも、ずっと同じ姿勢でいたり、走行中の振動は、赤ちゃんにとって、大きな負担になるので、車に乗せる時は、時期や時間など、考える必要があります。

できるだけ、生後6ヶ月までの遠出は控えた方がいいと言われていますが、ゴールデンウィーク、盆、正月、里帰り…赤ちゃんを長時間車に乗せる場面はでてきます。

では、いつから車での長距離旅行はできるのか、疑問に感じているお母さんも、多いのではないでしょうか。

そんな心配を、すっきり解消する、赤ちゃんを連れての、長距離旅行の、ポイント、注意点をまとめました。

赤ちゃんとの長距離移動の際に注意すること

赤ちゃんの体調をこまめにチェックして、頻繁に(1〜2時間)休憩を取るようにしましょう。

新生児向けのチャイルドシートを取り付ければ、新生児から車に乗せることができますが、首がすわる前の赤ちゃんは、長い時間同じ姿勢でチャイルドシートに座ると体に負担がかかり、車の中は密室で普段とは違う環境なので、不快に感じることもあります。

車ででかけると、車内で、おむつ替えや授乳ができるので、つい休憩をとらずに車を走らせてしまいがちですが、意識的に休憩をとりおむつ替えや授乳をすることを、おすすめします。

赤ちゃんに必要以上に無理をさせないなど、親が十分配慮することが大切です。

初めは、気をつけていても、だんだん慣れてくると「これくらい大丈夫」と、いう気持ちになってしまうのが、人の感情です。

赤ちゃんは自分達大人よりも身体能力が未発達です。赤ちゃんを連れて車で長距離旅行へ行くときは、無理をさせないようにしましょう。

安全運転を心掛けましょう。

最大のポイントは、安全運転をすることです。急ブレーキ、急ハンドルは事故につながります。

特に赤ちゃんがぐずって泣き出すと、どうしても焦ってしまうので、ハンドルを握る手に力が入ってしまいがちです。

一旦、深呼吸をして、リラックス!!

赤ちゃんとのお出かけを楽しむためにも、無事故、無違反、安全運転を、心掛けたいですね。

  • 時間にゆとりのある計画をたてることがおススメです。
  • 渋滞にあわないようにピーク時を避ける
  • 赤ちゃんが眠る時間を見計らってドライブしましょう。
  • 車内環境を整えて気分をリフレッシュさせてあげましょう

赤ちゃんは汗っかきで、体温調節も十分にできません。赤ちゃんが快適に過ごせるよう、適度に窓を開けて空気の入れ替え、車内温度や衣服などを調節しましょう。

それでも暑がるようなら、うちわで扇いであげるのも、いいですね。

ドライブ中は赤ちゃんに紫外線対策をし、こまめな水分補給で熱中症を防止しましょう。

スポンサーリンク

移動中に赤ちゃんがぐずり始めたときの対処法

運転しながら、赤ちゃんの様子を見るためには、「ベビーミラー」があると便利です。

運転しながら、後ろが見えるので、様子に合わせて声がかけられるので、赤ちゃんと二人だけのお出かけには重宝します!!

長い時間車の中にいると、退屈なので赤ちゃんの好きなおもちゃや絵本、音楽CDなどもっていくのもオススメです!!

公共交通機関を利用するのと違って、音の出るおもちゃでもいいのは、車のいいところですよね。

気分を変えるのに、動揺をうたうのも喜びます。

赤ちゃんが疲れてるなぁと、思ったら休憩をとるのも一つの方法でです。

一番良いのは、車の中で寝てもらうかですね。

赤ちゃんの生活リズムと移動スケジュールを調整がするのが家族全員にとってストレスが少なくなる最善策と言えるでしょう。

参考になりましたか?

赤ちゃんと車での長距離移動は、考えるだけでも大変そうですが、お互いに結局のところ「慣れ」なので、気負いせず、スケジュール調整してみてくださいね。

慣れると、おでかけの幅が広がって、一層楽しくなりますよ。

スポンサーリンク
おすすめの記事