スポンサーリンク

子育てをするママパパであれば一度くらいは白湯を飲ませる利点や効果を調べるのではないでしょうか。

そして、実際に白湯について詳しく知らないことはたくさんありますよね。

私も息子を産んでから、白湯を飲ませたほうがいいといわれても、え?お湯だよね?何か違うの?くらいにしか知りませんでした。

今回は白湯のもたらす赤ちゃんへの効果、作り方などを詳しくご紹介します。

そもそも白湯とは

白湯(さゆ、しらゆ)とは水を沸騰させ、人肌温度まで冷ましたもので、湯冷ましともいいます。

普段水道から出る水には殺菌作用の為に塩素が含まれています。一度沸騰させることによって不純物を飛ばし、口あたりをまろやかにしてくれます。

白湯ダイエットという言葉もあるくらいで、白湯はいろいろなところで大人にも子供にも役に立つ飲み物です。

スポンサーリンク

白湯の効果って

白湯は赤ちゃんにとって、大事な水分補給源であると同時にミルクや母乳以外の味に慣れるという効果があります。

特に、離乳食始めの頃は食べ物に腸が慣れていないこと、普段ミルクや母乳からとれていた水分が急激に減ることから、便秘になりがちです。便秘になってしまったら白湯を飲ませて腸に刺激を与えることが大事です。

また、白湯の中に少量のオリゴ糖を混ぜるとほんのり甘く、糖分がうんちを柔らかくしてくれる働きがあります。

白湯の作り方と飲ませ方

まず作り方からご紹介します。

やかんでお湯を沸かす場合

  1. 沸騰してから弱火にする。
  2. 10分ほど沸騰したままにします。
  3. 10分ほど経って火を止めたら人肌温度になるまで冷まします。

ウォーターサーバーから直接お湯を出すときは、硬度の低い軟水であれば、赤ちゃんの胃に負担をかけることなく飲ませられるので確認が必要です。

こちらも人肌温度になるまで冷ましてから飲ませてあげましょう。

飲ませ方は、哺乳瓶に入れて1回につき10cc~30ccの量で少しずつ飲ませます。

月齢が大きくなってきたらスプーンを使って飲ませてあげましょう。離乳食前の時期だと、1回に50cc前後が目安です。

入浴後や、お散歩の後、喉が渇くタイミングで飲ませてみると案外スムーズに飲んでくれたりします。

ただ、白湯が苦手な赤ちゃんもいるので飲まないなぁと思ったら無理して飲ませず、ミルクや母乳を飲ませてあげてください。

私の子供は白湯が苦手だったようで、いつも一口飲んでから首を横に振っていましたよ。

まるで、これじゃないと訴えているかのように・・・

白湯の保存方法

白湯はなるべくその時その時に飲む量だけを作るのが衛生的です。

ですが、ママも毎日家事育児で大変な中毎回お湯を沸かして冷ますのは大変ですよね。

もし保存するのであれば、魔法瓶のような保温性に優れている入れ物に保存することをおすすめします。

もちろん、せっかく沸騰させて不純物を取り除いているのですから、保存する容器も消毒してから使用しましょう。

ペットボトルに入れて保存する方もいますが、有害な成分が白湯の中に溶けだしたりするのでおすすめしません。

作り置きした白湯は、その日のうちに飲み切るのが原則です。

なぜなら、水道水を沸騰させて不純物を取り除くことによって、「綺麗なお水」から時間が経つと「雑菌が繁殖しやすい水」になってしまうからです。夏の暑い時期はじめっとした空気の部屋に常温保存するよりは涼しいところで常温保存しましょう。

まとめ

いかがでしたか?

白湯にもいろいろな効果があり、大人だけでなく子供の胃にも優しいのでご飯の後やお風呂上りに家族で飲める分の量を沸かしておくのもいいですね。

白湯を作る際は熱湯を扱うので、自分の周りに赤ちゃんがいない事をしっかり確認し、やけどに注意しましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事